Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/matomecuhk/jibunkeiei-glabal.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

ゆたちん

1/115ページ

消費財としての「大麻」は、ブランディング可能か?:米・クレスコラボの挑戦

米国における大麻の広告事情は複雑だ。全50州で合法化されていないだけでなく、広告に関する規制も流動的に変わり続ける。だが大麻ブランドのクレスコラボ(Cresco Labs)は一般的な消費財分野のマーケターと同じようにマーケティングを行いたいと考えているようだ。 The post 消費財としての「大麻」は、ブランディング可能か?:米・クレスコラボの挑戦 appeared first on DIGID […]

「10年後には当たり前」:いまこそ知っておきたい、 インクルーシブマーケ の意味

この数年で、マーケティングキャンペーンを通じたダイバーシティおよびインクルーシビティの推進は、業界における標準となった。革新性はもはや感じられないが、それでもなお、ブランドにとってこの戦略は、新規顧客獲得だけでなく、売上増においても効果的であることが証明され続けている。 The post 「10年後には当たり前」:いまこそ知っておきたい、 インクルーシブマーケ の意味 appeared first […]

DIGIDAYリサーチ:サブスクリプションの拡大にもっとも効果的な戦術とは?

米DIGIDAYは、パブリッシャー136社の幹部を対象に調査を行い、サブスクリプションを拡大するために利用している戦術や、もっとも効果的な戦術について尋ねた。その結果、「メールの頻度を調整」という回答がもっとも多く、「ユーザーに合わせてサイトのコンテンツをカスタマイズ」という回答がその後に続いた。 The post DIGIDAYリサーチ:サブスクリプションの拡大にもっとも効果的な戦術とは? ap […]

ピンタレスト はコマース戦略で、なぜ中小企業を狙うのか?

ピンタレスト(Pinterest)は現在、GoogleやFacebook、そして勢いを増しつつAmazon以外のデジタル広告予算の使い道としてマーケターにアピールしようと取り組んでいる。そんななか、先日新たに「ピンタレストショップ(Pinterest Shop)」と名付けられたプロフィールページを発表した。 The post ピンタレスト はコマース戦略で、なぜ中小企業を狙うのか? appeare […]

米国広告市場の成長、2020年は「鈍化」する見込み:グループ・エムが予測

米国広告市場の成長率はここ4年間、1桁台半ばを維持してきた。広告ホールディングス世界最大手WPP傘下のメディアエージェンシー、グループ・エム(GroupM)によれば、2019年の成長率にも大きな変化はないという。同社は、米国広告市場は今年6.2%成長し、2440億ドル(約26.4兆円)規模になると推定している。 The post 米国広告市場の成長、2020年は「鈍化」する見込み:グループ・エムが […]

高級小売のアプリ導入相次ぐ:それは戦略として適切か?

モバイルアプリは、いまや少し古臭い印象すらある。2000年代後半に全盛期を迎えたモバイルアプリだが、それ以降は小売業者やブランド、顧客からの支持は減少傾向だ。だが、ネッタポルテ(Net-a-Porter)など、高級小売業者のあいだではカスタマーにパーソナライズした体験を提供できるという理由から人気が高い。 The post 高級小売のアプリ導入相次ぐ:それは戦略として適切か? appeared f […]

ホワイトリスト は、いまだにパブリッシャーの悩みの種:ブランドセーフティ戦略が高度化しても

ブランドセーフティ戦略が徐々にではあるが洗練の度を増し、きめ細やかになっていくなかで、これといった変化の兆しもなく、パブリッシャーや広告主の悩みの種となっているのがウェブサイトのホワイトリストだ。ホワイトリストが多用されると、広告キャンペーンのリーチが狭まるだけでなく、パブリッシャーの収益にも響きかねない。 The post ホワイトリスト は、いまだにパブリッシャーの悩みの種:ブランドセーフティ […]

キーワードブロックリスト に苛まれる パブリッシャーたち

ブランドの広告が不適切なコンテンツ、不快なコンテンツの隣に表示されたことに、最後にメディアが騒ぎ立てたのは数カ月前だが、長いキーワードブラックリストを用いたブランドセーフティツールによるパブリッシャーの不利益は拡大する一方だ。キーワードリストやブランドセーフティツールは恐ろしく無遠慮で不明瞭なものになり得る。 The post キーワードブロックリスト に苛まれる パブリッシャーたち appear […]

「 Facebook の広告サポートは、たらい回しの塩対応 」:憤懣やるかたない、あるメディアバイヤーの告白

広告バイヤーたちはFacebookの広告プラットフォームに関して多くの不満を抱えているが、それでもその支配的地位は揺らがない。というのも、バイヤーたちいわく、Facebookがほかでは得られないターゲティング機能や高い効 […] The post 「 Facebook の広告サポートは、たらい回しの塩対応 」:憤懣やるかたない、あるメディアバイヤーの告白 appeared first […]

サイバーマンデーの顧客を、いかに「常連客」にするか?

サイバーマンデーがやって来た。だが、セールでの商品購入を顧客に教え込んでしまうと、通常価格では購入しなくなってしまう。企業はただ一度購入して終わりにならないよう、ホリデーシーズンを越えて、消費者との関係構築に取り組む必要がある。 The post サイバーマンデーの顧客を、いかに「常連客」にするか? appeared first on DIGIDAY[日本版]. Source: DIGI DAY  […]

1 115
ツールバーへスキップ