Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/matomecuhk/jibunkeiei-glabal.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

Netflixのいらだたしいプレビュー自動再生をオフにできる

  • 2020.02.08
  • IT

人生いろいろなことがある。そんな中でもNetflix(ネットフリックス)の新設定による改善は、数少ない希望の1つとなってくれだろう。

トレーラーの自動再生がオプション設定となった。ニュースはそれだけだ。しかし、プレビューが自動再生されるいらだたしい時代は終わったのだ。

設定方法は以下のとおりだ。

  1. プロファイルをクリック
  2. 自分のプロファイルを選択
  3. 「すべてのデバイスで閲覧中にプレビューを自動再生する」をオフにする

設定はこれだけだ。それでは良い一日を!

[原文へ]

(翻訳:塚本直樹 Twitter

Source: TechCrunch

複数のテクノロジー企業の複合体であるSoftBank(ソフトバンク)は、1000億ドル(約11兆円)のVision Fund(ビジョンファンド)でベンチャーキャピタル産業を変えた。しかしThe Wall Street Journalは、同社がそのパフォーマンスとテクノロジーに対する革命的な投資のアプローチを継続できないかもしれない、と危惧した記事を掲載している。

その記事によると、SoftBankは次のVision Fundで設定した目標である1080億ドル(約11兆8500億円)の半分しか調達できないのではないか、しかもその多くは日本企業それ自体から出るという。

大きな支援者であるサウジアラビアの政府系投資ファンドやアブダビのMubadala Investment Co.などは、Vision Fund IIを立ち上げようというソフトバンクの試みに尻込みしている。彼らは、それまでの投資から得られた利益を第2ファンドの原資とすべきだ、と主張している。なおサウジの政府系投資ファンドは、ジャーナリストを暗殺したとされる政権の財政安定を支えている。

その利益は、およそ100億ドル(約1兆1000億円)と言われている。

Vision Fundは鳴り物入りで派手に立ち上がり、少なからぬ投資家たちからの羨望と批判のつぶやきも受けたが、アナリストやメディアは、ソフトバンクの創業者で謎の人物である孫正義氏が調達できた資本の大きさに驚いた。しかし、Vision Fundは創業時の華々しい盛り上がりにふさわしい成果を得られていない。

コワーキング企業WeWorkへの悲惨な投資も、問題の1つだ。ソフトバンクは同社への44億ドル(約4800億円)の投資のうちほぼ35億ドル(約3800億円)を償却した。

しかし、WeWorkの災難はソフトバンクにとって氷山の一角かもしれない。同社は他のポートフォリ企業に対しても、その資本コミットメントを大幅に削減している。それらの企業は最近スタッフを減らし、そのほかの支出も減らして、テクノロジー業界全体に業界の低迷を憂える不安が広がった。

スタッフの削減は、ビジョンファンドの運営母体にも及んでいる。今週初めに同社は、最高位の管理職の1人Michael Ronen(マイケル・ローネン)氏を失った。彼はそれまでGoldman Sachs(ゴールドマン・サックス)にいてParkJockey、Nuro、GM Cruiseなどの企業へのソフトバンクによる投資の中心人物だった。

いなくなった大物は、ローネン氏だけではない。過去5カ月内に、同社の人事のトップMichelle Horn(ミシェル・ホーン)氏と、同じくアメリカのマネージングディレクターだったDavid Thevenon(デビッド・セブノン)氏が、やはり同社を去った。

関連記事: As a top manager leaves amid fundraising woes, SoftBank’s vision looks dimmer — and schadenfreude abounds…人材が去り続けるソフトバンクのビジョンファンドの未来が暗雲で人の不幸は蜜の味が広がる(未訳)

画像クレジット: Tomohiro Ohsumi/Getty Images

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

AIが各分野で注目されている現代では、AIに関する様々なオンライン学習サービスも配信されています。
AIをオンラインで学習するメリットは、なんといってもその手軽さです。一見ハードルが高いように感じてしまうAI開発ですが、無料のオンライン学習サービスがあればそのハードルは非常に低くなります。

そこでこの記事では、オンラインでAIを学習できるサービスを、有料と無料のものを合わせて7つに厳選しました。
初心者向けに設計されたチュートリアルから、すでにエンジニアとして実務を行っている方に向けたものまで幅広く紹介しますので、これからAIの設計を学習したいとお考えの方はぜひ参考にしてください。

※料金は全て税込で表記します

続きはこちらからご覧ください。

Source: ferret web marketing

アクティビスト投資会社であるエリオット・マネジメントは着々とその株式を買い集め、取得金額は25億ドル(約2800億円)に達した。ニュースの見出しを踊らせてきた日本のテクノロジーコングロマリットであるソフトバンクは、一連の失策によって株価が低迷していた。

The Wall Street Journalの第一報によるとSlack(スラック)やUber(ウーバー)、また今や悪名高いコワーキングスペースのWeWork(ウィーワーク)に数十億ドル(数千億円)を賭けたことで名を馳せたソフトバンクは、エリオットの金融投資部門をひきつける目標を提示したという。

2019年11月、ソフトバンクグループは、かつて非公開市場で470億ドル(約5兆2000億円)と評価されたWeWorkの救済による影響もあり、65億ドル(約7100億円)の損失を計上した。

損失計上で株価は急落したが、数々のトラブルにもかかわらず、ソフトバンクは依然として非常に安定したポートフォリオを保有している。そのソフトバンクの資産には、エリオット・マネジメントの340億ドル(約3兆7300億円)もの運用資産の一部を切り出してソフトバンクに少数株主として投資するに値する魅力があると同社は考えた。

「エリオットによるソフトバンクグループへの多額の投資は、市場がソフトバンクの資産ポートフォリオを大幅に過小評価しているという我々の強い信念を反映している」とエリオットの広報担当者はメールで述べた。「エリオットはソフトバンクの幹部と直接対話しており、ソフトバンクの本質的価値に対するディスカウントを大幅かつ持続的に減らすべく建設的に取り組んでいる」

ソフトバンクは、1000億ドル(約11兆円)という巨額のビジョンファンドでテクノロジー投資の世界に波風を起こしてきた。このファンドは多額のキャッシュを必要とするテクノロジースタートアップに出資する目的で設立されたが、さまざまな業界を変革する可能性がある。

同社の大胆な投資戦略の資金は、Saudi Arabian Public Investment Fund(サウジアラビア・パブリック・インベストメント・ファンド、投資担当者はジャーナリストの暗殺を命じた上層部とつながりがある)のような政府系ファンドやApple(アップル)、Microsoft(マイクロソフト)などの企業と協力して調達された。

リミテッドパートナーと自身の現金により、ソフトバンクはさまざまな業界の企業の株式を大量に取得してきた。ただ、その規模を維持し、正当化するのが難しくなってきている。

2019年、ソフトバンクのポートフォリオ企業のいくつかがトラブルに直面した。エリオットがソフトバンクの上層部に変革をもたらすとしても、ポートフォリオのパフォーマンスに影響を与えるかどうかは何とも言えない。

実際、ソフトバンクの創業者である孫正義氏が22%の株式を保有していることを考えると、エリオットが開始または主張する活動には限界があるかもしれない。

ソフトバンクのポートフォリオには優れた企業があり、公開市場の投資家はエリオット・マネジメントによる投資の開示を受けてソフトバンクの株式を買いに走っている。

ただし、2018年にベンチャー市場に流入した資金の洪水は絶頂に達したようであり、ソフトバンクや同社の新規投資家はずぶぬれになってしまう可能性がある。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi

Source: TechCrunch

Galaxy Foldは、この芽生えたばかりの折りたたみ式という新しいカテゴリーの前兆のような存在だっや。その魅力的で前途有望な製品は、記者たちに渡したレビュー機の破損に悩まされ、Samsung(サムスン)は設計図を描き直して丈夫なモデルを作った。しかしそのバージョンにもやはり問題があり、初日からユーザーを悩ませた

言うまでもなく他社はこの機会をとらえて、自分たちのやり方を見直した。その一例としてHuawei(ファーウェイ)は、安全を期すだけのために約束していたMate Xのリリースを遅らせる、と公表した。注意と用心は山のようにあるが、やはり折りたたみ式は魅力的なフォームファクタなのだろう。しかし多くの人たちは、間違いなくRazrは違うだろうと期待した。

関連記事: A false start for foldables in 2019…2019年の折りたたみスマートフォンのスタートはフライングだった(未訳)

Galaxy Foldのストレステストのときと同じような折りたたみ端末であるRazrの登場に、CNETは待ってましたとばかり食らいついた。そのデバイスは10万回を超える折りたたみに耐えたというが、Motorola Razrは今週のテストで激しく失敗した。CNETが配信する動画の最初のタイトル「Motorola Razrはテストで10万回の折りたたみに達しなかった」は、そのデバイスの失敗を正しく伝えていない。現在のタイトルは「MotoのRazrは27000回の折りたたみで壊れた」だが、ヒンジ(蝶番)が27000回の折りたたみをやや超えたあたりで、ぐらぐらしてきている。それは、わずか4時間足らずのことだ。Galaxy Foldの14時間におよぶテストに比べると、あまりにも差は大きい。

しかし、たった1回のテストで評価を下すべきではないが、実際のところすでに発売された製品にも関わらずネットなどでのレビューが少なすぎる。それだけでも用心すべき理由にはなるが、なにしろ新しいフォームファクタの第一世代の製品ならそれも当然だ。この折りたたみ式を買った人がすでにTwitterに登場してヒンジの音が大きいと文句を言っている。たかが音だが、良い評価ではない。

これはRazrをたたむときのヒンジ(蝶番)の音だ。いい音ではない。1500ドル(約16万5000円)のスマートフォンにしてはちゃちくて安っぽいヒンジだ。店員の女の子は、すぐ壊れそうで使うのがこわいと言ってた。

Galazy Foldの場合と同じくMotorolaのRazrも、注意書きの多い取説が付属するだろう。Foldより安いとは言っても、1500ドル(約16万5000円)だ。子供用手袋をして持つべきものに支払うお金としては高額だ。今後数週間でさまざまな評価や反応が出てくると思うが、それは製品の最初の発表で盛り上がった期待を上回るような、Motorolaが喜ぶ報道にはならないだろう。

ところで、300ドル(約3万3000円)のMoto Gはいかがでしょうか?

画像クレジット: Motorola

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

raining-money-eye

2月2日(現地時間)に行われたスーパーボウルでは、30秒間のCMに平均で520万ドル(約5億7000万円)から560万ドル(約6億1000万円)の価格がつけられた。この記事では、スーパーボウルにCMを出した企業が、その予算で買えたはずの広告をご紹介しよう。

The post 超高額 スーパーボウル への出稿予算で、ほかに何が買える? : 30秒CMがなんと約6億円 appeared first on DIGIDAY[日本版].

Source: DIGI DAY WEB marketing

フランスの競争・消費・詐欺防止総局であるDGCCRFは米国時間2月7日朝、iOSのアップデートに際して古い機種の性能を抑えたとして、Appleに対する2740万ドル(約30億円)の罰金を科すことを発表した。さらにAppleは、同社のWebサイトに声明を1カ月間掲載しなければならない。

2年前にAppleはiOSのアップデート(10.2.1と11.2)をリリースしたが、その際、古い機種に新しい機能を導入した。バッテリーが古くなるとピーク時の電力消費に対応できなくなることを恐れて、iOSはピーク時の性能を抑えたものだった。その結果、iPhoneがピーク時に突然シャットダウンすることもあった。

この機能は技術的には妥当だったが、Appleは一部のデバイスで性能を抑えることをユーザーに知らせなかった。その後、Appleは謝罪して「Battery Health」と呼ばれる新しいソフトウェア機能を導入した。それはユーザーが持つiPhoneのバッテリー最大容量を調べて、そのiPhoneがピーク時の性能を発揮できるかを教えてくれるものだ。

そして、古い機種の性能を抑える機能は問題になった。たとえば、ゲームをしているとiPhoneが遅くなることに気づいたユーザーがたくさん現れた。しかし彼らは、バッテリーを交換すればそれが直ることを知らなかったのだ。所有しているiPhoneが十分使えるのに、新しい機種を買ったユーザーもいた。

フランスのDGCCRFは、iPhoneのユーザーがiOSの前のバージョンにダウングレードできないことにも着目した。つまりユーザーは、その方法で性能抑止機能を逃れることができない。フランス当局は、「消費者に伝えなかったことは不作為によって誤解に導く事業慣行である」と記している。

Appleは罰金の支払いを受け入れ、Webサイト上の声明で自社の不正行為を認めた。

関連記事: Apple addresses why people are saying their iPhones with older batteries are running ‘slower’…Appleは古い電池のiPhoneが遅くなると人びとが言う理由を説明(未訳)

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

【IWレシピ】フォンダンショコラの作り方をご紹介。

〈材料〉

チョコレート(※1)・150g

卵・2個

無塩バター・50g

砂糖・50g

薄力粉・50g

 

〈作り方〉

① ボウルに卵と砂糖を入れて混ぜる。

② 溶かしたチョコレート100gと無塩バターを湯せんで溶かして混ぜ、①に加える。

③ ②に、ふるいにかけた薄力粉を加え、よく混ぜる。

④ 耐熱容器の内側にバター(分量外)を塗って③を均等に流し込む。

⑤ 残りのチョコレートを生地の真ん中に押し込む。

⑥ 予熱しておいた180度のオーブンで12分〜15分焼く。

⑦ フォンダンショコラの出来上がり!

 

※1 チョコレートの原料であるカカオの多くは生産者に利益が還元されない不公平な貿易(アンフェアトレード)によって取引されている。したがって、生産者の貧困や児童労働といった問題を引き起こしやすい。例えば、カカオの最大生産国のコートジボワールでは、生産者の58%は極度の貧困状態にある。本レシピにはフェアトレード・チョコレートの利用が推奨されている。

 

チョコレートの現状についてもっと知る→「チョコレート:報道されない『ビター』な現実

フェアトレード問題についてもっと知る→「フェアトレードは『社会貢献』?そのイメージはどこから来る?

 

(写真:Meng He/Flickr [CC BY-NC-ND 2.0])

Source: Global News View

Instagram(インスタグラム)にやりとりが少ない人が表示されるようになり、フォローを解除しやすくなった。自分のフィードに関心のある投稿だけを表示してすっきりさせておくために、Instagramはフォローのカテゴリ機能を米国時間2月6日にリリースした。カテゴリには「投稿の表示回数が多い」アカウントと「やりとりが少ない」アカウントがそれぞれ表示される。フィード上で不快感や退屈を強く感じた場合、あるいはコンテンツに興味が持てない場合に、この機能を利用してそのアカウントをすぐフォロー解除できる。礼儀正しさや申し訳なさは忘れてしまおう。

Instagramの広報担当者は筆者に対し「Instagramを使うと、気になる人々や物事に近づくことができる。しかし時間が経つにつれて、興味や人間関係は発展したり変化したりする。卒業や引っ越し、あるいは何か新しいことに夢中になってコミュニティを見つけたときに、Instagramでフォローしているアカウントをもっと簡単に整理して、現在のつながりや興味を適切に表示しようと考えた」と語っている。

この機能を利用するには、プロフィールの「フォロー中」を表示する。すると「カテゴリ」が表示される。カテゴリ以外に、フォローした日が新しい順または古い順に並べ替えて、昔フォローした人を解除したり、最近フォローした人だけを残したりすることもできる。

関心のないアカウントをフォロー解除して自分のフィードやストーリーに質の高い投稿が集まるようになれば、Instagramは広告表示を増やすことができるだろう。アプリを閉じたくなるようなつまらない投稿が少なくなれば、ユーザーは延々スクロールして見続けてくれるため、広告のインプレッションが上がる。Bloombergによれば、Instagramの2019年の売上は200億ドル(約2兆2000億円)に達したという。

筆者は2013年からTwitterにフォロー解除の提案機能を求めているが、Instagramが先んじた形だ。フィードにフィルタをかけたとしても、アルゴリズムが間違えることもあるし、興味がない人が多く表示されることもある。

フォローを返したり頼まれたからフォローしたりといったことは、現代社会の約束事になっている。そうしなければ失礼にあたったり、もめたりするかもしれないため、人々はフォローをただ増やしている。手動で並べ替えたり、その人が誰かを思い出そうとしたり、思い出せない人をしょっちゅう見かけていつも無視したりするのは、時間がかかるし気持ちが消耗する。Instagramはサービス開始から10年、Twitterは14年、Facebookは16年だ。私たちはずいぶん長いこと、ソーシャルグラフ(Web上における人間の相関関係やそのつながり、結びつき)を意図せず壊してきた。

どのアプリも特定の人の面目を公然とつぶすようなことはしたくないため、フォロー解除を提案するようになるには長い時間がかかったのだろう。しかし明確に定量化されたカテゴリを利用したInstagramのアプローチは漠然としており、おそらくユーザーはカテゴリのスクリーンショットを撮って「フォロー解除しろって言われた」と友人に見せるようなことはしないだろう。Instagramは慎重に配慮して、ユーザーエクスペリエンスを向上させると同時に収益向上にもつなげるというめったにない離れ業をやってのけた。

[原文へ]

(翻訳:Kaori Koyama)

Source: TechCrunch

NASAは、将来の月面探査車をどのようなものにするかについて業界からの意見を求めている。その対象は、必ずしもこれまで宇宙事業に参入している企業とは限らない。自動車メーカーやIT企業なども含まれる。これは再び人間を、それも史上初の女性、そして米国人の男性を月面に送り込もうというAltemis(アルテミス)計画の一環だ。

画像クレジット:NASA

この問いかけには、2つの正式なRFI(Requests for Information、情報提供要請)が含まれている。1つは自動探査用に設計されたロボローバー(惑星探査車)についてのアイデア。もう1つは人間が乗るのに適したLTV(月面用車両)の開発につながる可能性のあるコンセプトとアイデアだ。後者は、加圧防護スーツを着たままの宇宙飛行士が乗車して、月面を走り回ることを想定したもの。必然的に屋根のないオープンなデザインの車体が求められる。

こうした車両に対するNASAの目標は、宇宙飛行士が着陸地点の付近以外の場所も探検できるようにすること。ちなみに、今後は月の南極近辺に着陸することになる。そこから、アクセス可能な地域を拡大して、実験やデータ収集ができるようにするわけだ。ロボット型の車両の目的も同様のものだが、さらに人間では行くのが難しいような場所にも到達できるのが理想だ。

RFIの説明によれば、NASAは、あらゆるタイプの車両の生産に関連する業界のプレーヤーからの専門知識を求めているという。たとえば、全地形対応車、電動車、あるいはその他の地上の乗り物だ。そこには、自動運転車の会社、革新的なモビリティ技術を持つスタートアップなども含まれる。

NASAは、さらなる情報を求めている企業のために、仮想の産業フォーラムを開催して質問に答える予定を組んでいる。質問の締め切りは、LTVローバーのRFIについては2月26日、ロボローバーのRFIについては、もう少し猶予がある3月6日に設定されている。

NASAでは、2018年にも商用のロボット月着陸船について、同様のRFIを発行した。それは、2019年2月に月面への商用輸送サービスの契約プログラムを発表するのに先立つものだった。それを考えると、今回のRFIも、最終的に将来のNASAの月面探査ミッションで使われる探査車に関する、何らかの商用パートナープログラムにつながる可能性がある。

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)

Source: TechCrunch

現代は企業の領域やプロダクトごとに異なるマーケティング手法が存在し、書店でも様々な手法について紹介された書籍が並んでいます。マーケティング担当の方にとってはどれも魅力的な手法に見えますが、自社の商品を売るためにはどんな手法でマーケティングを行えばよいのか、迷ってしまう方も少なくないでしょう。

この記事では近年注目を集めている「ナラティブマーケティング」について詳しく解説。物語を応用して顧客の心理に訴えかけることで、集客やブランディングにもつながる手法であり、様々なプロダクトに応用できます。この記事を参考にして、さっそく今日からナラティブマーケティングに取り組んでみましょう。

続きはこちらからご覧ください。

Source: ferret web marketing

ツールバーへスキップ