Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/matomecuhk/jibunkeiei-glabal.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

知っておきたいWordPressのタグの基本と付け方

皆さんは、WordPressのタグを活用していますか?
オウンドメディアなどで多くの記事を投稿しているコンテンツは、ユーザーが読みやすいようにカテゴリーやタグを使ってユーザビリティを向上させる必要があります。一生懸命に作成した記事でも、ユーザーに読んでもらえなければ意味がありません。WordPressを使っていれば、タグを使って簡単にコンテンツを分類できるのです。ただし、タグの使い方にはコツがあり、ただなんとなくタグを設定してしまうと、ユーザーにとって便利にならず、後から修正するのがとても面倒になってしまいます。

そこで今回は、WordPressのタグについて、基本的な知識と設定方法について解説することにしました。
これからオウンドメディアやブログを立ち上げる方、WordPressのタグの使い方がよくわかっていなかった方は、ぜひご参考ください。

続きはこちらからご覧ください。

Source: ferret web marketing

1998年、スタートアップのIllumina(イルミナ)は、遺伝物質の特定とマッピングのコストを削減する技術を開発し、ライフサイエンス業界に革命を起こした。

それから20年少し経った今、Mammoth Biosciences(マンモスバイオサイエンス)が遺伝子編集ツールで同じことを目指している。

同社は4500万ドル(約49億円)を調達した。CRISPR(クリスパー)として知られる遺伝子編集酵素の発見に関して先駆的な業績を残したJennifer Doudna(ジェニファー・ドウドナ)氏が共同で創業した同社は、病気を発見できるだけでなく、遺伝物質をより正確に編集するツールを世に出そうとしている。

ドウドナ氏が発見し、Broad Institute(ブロード研究所)が臨床応用のために開発した最初のCRISPR酵素、Cas9の発明と所有権をめぐる特許紛争のような泥沼の事態を避けるため、Manmmothは他の多くのスタートアップ同様、より幅広い特性を持つ新しい酵素の発見を試みている。

「会社設立当初から、診断や編集のための新しい酵素に専念してきた」とMammoth Biosciencesの共同創業者兼最高経営責任者であるTrevor Martin(トレバー・マーティン)氏は述べた。

同社は主にCas14酵素を売り込んでいる。Cas14の多様なDNA配列を狙う能力、高い忠実度、小さなサイズが、プログラム可能な生物学の新しい可能性を開くと同社は主張する。Cas14のそうした特性が、酵素による編集が引き起こす予期せぬ副作用を抑える。Cas9では副作用が課題だった。

「あらゆるケースでベストとなるタンパク質があるわけではない」とマーティン氏は言う。「当社で開発している一つ一つの製品に関しては、幅広いツールボックスがある」。

Cas14酵素は生体内で遺伝子編集を行うことができるため、実験や治療法開発にかかる時間を短縮できる可能性がある。

「20年後にCRISPRと『Cas132013』を使った酵素が承認される頃には、人々はこの特許の戦いを振り返り、『ずいぶんと金の無駄遣いをしたものだ』と思うことだろう」とニューヨーク法律大学院の特許法学者であるJacob Sherkow(ジェイコブ・シェルコウ) 氏は、2018年にWiredに語った。

すでに、英国ケンブリッジを拠点として遺伝子編集技術を開発するHorizon Discoveryは、Mammoth Bioscienceが開発した新しいツールを利用して、チャイニーズハムスター卵巣由来細胞株編集用の新しいCRISPRツールの開発に取り掛かっている。この提携は、Mammothが新しいCas14酵素ラインの商業化と生物工学における役割についてどう考えているかを示す例だ。

「CRISPRタンパク質の完全なツールボックスが必要になる」とマーティン氏は言う。「そうしたツールボックスがあれば、ソフトウェアやコンピューターとやり取りするのと同じことが、生体とも可能になる。第一原理から、企業はプログラムに従って生体に修正を施して病気を治したり、病気のリスクを減らしたりするようになる。それは一種のターニングポイントになるはずだ」。

そのビジョン達成に向け、Mammothはライフサイエンス業界最高の人材を獲得した。Casebia(BayerCRISPR Therapeuticsの合弁会社)の共同創業者で、Mammothに最高事業責任者として加わったPeter Nell(ピーター・ネル)氏、SynthegoとBio-Radの元経営幹部で、最高執行責任者として入社したTed Tisch(テッド・ティッシュ)氏などだ。

今回の4500万ドル(約49億円)の調達ラウンドはDecheng Capitalがリードし、Mayfield、NFX、Verily(Alphabetの子会社)、Brook Byersなどの投資会社が参加した。Decheng Capitalはこれまで7000万ドル(約76億円)以上の資金をMammothにもたらした。

「CRISPRで臨床開発中の製品は十数個ある」とMayfieldのパートナーであるUrsheet Parikh(アーシート・パリク)氏は言う。「おそらくその数はMammothなしでも5〜10は増えるが、Mammothが加われば1〜2桁増える」。

パリク氏にとって、MammothはCRISPR開発ツールの中でも最高の位置にいる。同社は、顧客が遺伝子編集による製品開発のためにライセンス使用できるプラットフォーム全体を構築しているからだ。

パリク氏の考え方こうだ。「この技術が様々な応用を後押しできるなら、基本的にはそれらが市場に出回るようにしたい。物事がそう運ぶなら『アプリストア』を始める」。

「Illuminaと似たビジネスだ」とパリク氏は言う。「ゲノムに関するイノベーションに関わる人なら誰でもシーケンシングを行いたいから、Illuminaのシーケンサーが必要だ。では、編集したい場合はどうか。当社のプラットフォームが適切な編集ツールへのアクセスを可能にする」。

画像クレジット:Bryce Durbin

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi

Source: TechCrunch

programmatic-tv-robot-eye

ストリーミング動画に投下される広告費が増えるなか、詐欺師たちもいち早く、戦利品の分け前をかすめ取ろうと画策しはじめている。とある調査結果によると、ストリーミング動画の広告リクエストのうち、20%は不正なリクエストが占めるといい、3月の推定値である18%から上昇している。

The post アドフラウド 、ついに ストリーミング動画 業界にも進出:「詐欺師にとっては格好のターゲット」 appeared first on DIGIDAY[日本版].

Source: DIGI DAY WEB marketing

米国のトランプ政権は1月31日、ナイジェリアからの入国を制限すると発表した。ナイジェリアの人口はアフリカで最多、そして経済規模も最大で、アフリカのテックをリードする国だ。

入国制限は、人口2億人のナイジェリアに米国への渡航を完全に制限するものではなさそうだが、エリトリア、キルギス、ミャンマーと共にナイジェリア市民への移民ビザの発給を一時停止する。

これは、米国永住を検討している市民に適用される。移住ではない人の入国や観光ビザ、ビジネスビザ、医療目的の訪問などには適用されないとされている。

タンザニアとスーダンにも制限が課された。グリーンカード抽選として知られる米国移民多様化プログラムから除外される。

このニュースは米国土安全保障長官代理のChad Wolf(チャド・ウォルフ)氏が発表し、最初にAP通信が報じた。国土安全保障省はその後、TechCrunchにウォルフ氏の発言内容と制限の要約を提供した。

同省によると制限の主な理由は、対象となった国々が「強化されたセキュリティ基準」を満たしていないことにある。

ウォルフ氏は「対象国に変化がみられる場合、入国制限は永久に課すものではない」と述べた。

トランプ政権は2017年にイスラム教徒が大半を占める国からの入国を制限した。トランプ政権がその対象国リストにナイジェリアやいくつかのアフリカの国を加えることを検討しているとの報道が先週あったが、今回の措置はそうした動きに続くものだ。

ナイジェリアの人口のおおよそ45%がイスラム教徒で、同国ではテロが繰り返されている。テロの多くが北東部でのボコハラムに関連するものだ。

ナイジェリアから米国への移民制限は特に2国間の商業テック関係に影響を及ぼすかもしれない。

USTR(米通商代表部)と米国務省の概要によると、ナイジェリアは米国にとってアフリカで2番目に大きな貿易相手であり、米国はナイジェリアにとって最大の外国投資家だ。

2国間のビジネス関係はますますテックにシフトしつつある。ナイジェリアは着実にVCやスタートアップ、創業者にとって、またシリコンバレー企業への入り口としても「アフリカの首都」に育っている。

VC会社Partechの最新のレポートで、2019年のナイジェリアのベンチャー投資額はアフリカで最多だったことが明らかになった。

投資の多くは米国からのものだ。米国はテックにおいて紛れもなくナイジェリアの強固なパートナーで、シリコンバレーはアフリカ開拓のためのゲートウェイとしてナイジェリアを選んだ。こうした関係を示す例は数多くある。

2019年6月、Mastercard(マスターカード)は、ナイジェリアに本社を置き、アフリカで広く展開しているeコマース企業Jumia(ジュミア)に5000万ドル(約54億円)を投資した。後にJumiaは主要証券取引所であるNYSEでIPOを行ったアフリカ初のテックスタートアップとなった。

8月にはJumiaの投資家の1つ、Goldman Sachs(ゴールドマンサックス)がナイジェリアのトラックロジスティックスタートアップKobo360の2000万ドル(約22億円)の投資ラウンドをリードした。

米国とラゴスにオフィスを構えるソフトウェアエンジニア企業のAndelaは米国のソースから1億ドル(約108億円)を調達し、エンジニア1000人を雇用している。

Facebook(フェイスブック)はナイジェリア出身の管理職を抱え、Ime Archibong氏もその1人だ。同社は2018年にNG_Hubと呼ばれるイノベーションラボをナイジェリアに開設した。Google(グーグル)は先週ラゴスに自前のデベロッパースペースを立ち上げた。

ナイジェリアのテックはまた、米国でサービスを展開するスタートアップの増加にも貢献している。ナイジェリアのフィンテックスタートアップFlutterwaveは米国サンフランシスコに本社を置き、ラゴスでオペレーションを展開していて、同社のクライアントはUberからCardi Bまで多岐にわたる。Flutterwaveはアフリカで操業する米国企業が支払いを受けられるようするB2Bの決済プラットフォームのためのデベロッパーチームを米国とナイジェリアの両方に置いている。

Macy’s(メイシーズ)やBest Buy(ベストバイ)、Auto Parts Warehouse(オートパーツウェアハウス)のアフリカでの販売を支えているナイジェリアのeコマース企業MallforAfrica(モールフォーアフリカ)は、米国で勉強して働いた経験を持つナイジェリア人のChris Folayan(クリス・フォラヤン)氏が率いている。同社はラゴスでナイジェリア人を、オレゴン州ポートランドの処理プラントで米国人を雇用している。

アフリカのVOD(ビデオオンデマンド)業界をリードするスタートアップであるiROKOtvはニューヨークにオフィスを構え、(Nollywoodとして知られる)ナイジェリアのコンテンツを貸したり、世界にストリーミングしたりしている。

トランプ政権の最初の入国制限と同じように、ナイジェリアに対する制限も裁判沙汰になるかもしれず、実施が遅れる可能性はある。

その前に、トランプ政権の動きはナイジェリアとの米国行政部のイニシアチブの勢いをそぐものとなるかもしれない。

トランプ大統領にアフリカ問題を担当する米国務次官補に指名されたTibor Nagy (ティボル・ナギー)氏は1月31日、2月3日に予定されている国務省主催の米国・ナイジェリアの2国間会議にナイジェリアの外務大臣Geoffrey Onyeama(ジョフリー・オニェアマ)氏を迎えるとツイートした。

このイベントのテーマは「ナイジェリア人と米国人が共有する起業家精神、独創的精神、勤勉精神を反映するイノベーションと創意工夫」だ。

画像クレジット: Saul Loeb / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi

Source: TechCrunch

金曜日はたくさん新譜が出る日だが、この米国時間1月31日の金曜日には、ありえないソースからの曲がポストされている。それはElon Musk(イーロン・マスク)氏だ。SpaceXとTesla(テスラ)のCEOは、今週初めに「Don’t Doubt ur Vibe」という曲を書いた。曲は「Emo G Records」から発売される、と言っていた。しかし例によってそれは冗談かもしれないし、夜のインターネットのお遊びかもしれなかった。

ところが、彼は本気だった。しかもその曲を聴くために待つ必要はない。歌詞は、即興で一瞬で書けたのではないか。以下のフレーズを、無限に繰り返すだけだ。

Don’t doubt your vibe / because it’s true / don’t doubt your vibe / because it’s you

マスク氏によると、歌ってるのは彼自身だと言うが、加工されディストーションがかかっているので、まるで宇宙人の声のようだ。

EDM的にアレンジされた脈動感のあるアンビエントなもので、このジャンルの曲としては悪くない。聴いてご判断していただきたい。

マスク氏はこの曲を実際にレコーディングしているスタジオ内の写真をツイートし、最終テイクが完成するまでの過程は思った以上にたいへんだった、とシェアした。その曲作りのツイートの中で彼はフォロワーたちを教育して、コロナウイルスに関する不吉な予言がどんどん大げさになっていく理由を説明した。

アルバムが出るという話はないけど、テスラの決算報告も株価も絶好調だし、名誉毀損の裁判で勝ち、Starlinkプロジェクトも動き出した。それにSpaceXの商用有人飛行も前進、有人ミッション前の最後の試験飛行も成功という、マスク氏にとっていいことずくめの今日このごろだから、音楽をリリースするのもサマになってる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

新しく話題を集めた商品やサービスが、初期市場ではヒットしたものの一般市場にまで普及せず、そのまま衰退してしまうことがよくあります。顧客の購買心理を捉え、初期市場と一般市場の違いにより生まれる「キャズム」を踏まえたうえでマーケティングを推進しなければ、どんなに革新的なサービスも社会に浸透しないまま消えていってしまうものです。

新しいサービスや商品に好意的なイノベーターやメディアは影響力があるので、初期段階で爆発的な勢いが生まれることは珍しくありません。大切なのは、その後の成長を阻む「キャズム」を乗り越えることです。

今回はキャズムを乗り越えビジネスをヒットさせる「キャズム理論」について解説します。

続きはこちらからご覧ください。

Source: ferret web marketing

ツールバーへスキップ