Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/matomecuhk/jibunkeiei-glabal.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

新進気鋭のビデオクリエイター向けギフトガイド2019

  • 2019.11.30
  • IT

TechCrunchの2019 Holiday Gift Guideへようこそ!ギフトのアイデアにヒントが必要だろうか?私たちがお手伝いしよう!これから12月末までギフトガイドを公開していく予定だ。他のガイドはこちらから見ることができる。

カメラと写真撮影に興味があるなら、私たちの 2019年版の写真ギフトガイドにも是非目を通してほしい。だが、もし特にある特定のプラットフォーム、例えばTikTok、Instagramなど向けに作品を発表したいクリエイターを応援したい気持ちがあるのなら、今回の記事はまさにうってつけのガイドだ。内蔵カメラを最大限に活用するためのスマートフォンアクセサリーから、より高価な専用カメラの機器を持つ人向けのものまで、すべて揃っている。

Hex Bagsカメラバックパック

携帯電話以外で撮影する人にとって、優れたカメラバッグは必要なアクセサリーだ。Hex Back Loader DSLR BackpackHex Cinema Backpackは、他の大きなブランドオプションよりも実際安価で素晴らしいオプションだが、モダンなスタイリングのおかげで、機能だけのためにデザインされたもののように見えず、大いに評判になるバックパックのように思える。Back Loaderはミラーレスキットに最適で、飛行機の前の座席の下に簡単に滑り込ませることができる。一方Cinemaには、より大きなDSLR(デジタル一眼レフカメラ)とレンズを収納するスペースが十分にある。価格は190〜240ドルだ(約2万1000円〜2万6000円)。

Zhiyun Weebil-Sジンバル

安定したビデオ映像は無意味な揺れるカメラ映像よりも優れているので、優れたジンバルはクリエイターの最良の相棒だ。Zhiyun Weebill-Sは、サイズ、電力、接続性、取り回しなどの完璧な組み合わせを提供してくれる、同社の新しい製品だ。そのユニークなデザインは、他の同様のジンバルと比べてもフィールドで真の利点を持っていて、お財布にも優しい。価格は350ドル(約3万8000円)だ。

Mavic Mini

Mavicの最新のドローンは、消費者向けドローンの基礎を突き詰めた商品だ。そしてそれは成功している。 350ドルのMavic Miniは、もっとファンシーな消費者向けドローンよりもはるかに安価で、カメラからまるで映画のように見える、本当に素晴らしい2.7Kビデオを提供する。ソーシャルチャンネルで公開するためのコンテンツが、4Kであることにはこだわらない人(実際それにこだわる必要は全くない)なら、これは手に入れるべき機材だ。なにしろこれは十分に小さいためにFAA(連邦航空局)に対して飛行のための登録を行う必要がないのだ。価格は350ドル(約3万8000円)。

Samsung T5

Samsungの小型のポータブルSSDには、簡単にポケットに入れることができる位のポータブルな大きさでありながら、優れた信頼性とパフォーマンスを提供してきた長い歴史がある。ドライブのサイズは500GBから2TBの範囲で提供されているが、これらの構成のうちの少なくとも1つがホリデーシーズンに向けにセールとなるはずだ。つまり、上に掲載した価格帯よりも、さらに安価に見つけることができる可能性がある。カメラでキャプチャされたSDカード上のビデオを、外に取り出すためには、優れたSSDが必要だ。一部の新しいカメラでは、USB-Cを介してこれらのドライブに直接記録を行うことができる。価格は100〜400ドル(約1万1000円〜4万4000円)。

バックアップバッテリーとSDカード

これらはビデオクリエイターのためのお手軽なギフトだ。時代遅れになることはなく、送れば常に感謝される。予備のメモリカードやバックアップバッテリーはいくらあっても困らない。ギフトを贈る相手が使用しているカメラシステムに合ったものを手に入れるようにしよう:また、メモリについては、4Kビデオキャプチャで良好なパフォーマンスを出せるように、170MB/秒の転送速度を備えた SanDisk Extreme Pro などのカードに注目したい。価格は40ドル(約4400円)から。

GoPro Hero8

GoProは、ビデオクリエーター向けの非常に用途の広いキットだ。堅牢性、携帯性、内蔵の安定化機構、そしてさまざまなモードにより、メインカメラで録画しているものを補完できる、驚くような追加映像をキャプチャすることができる。あるいは、素晴らしい旅行ビデオログ(vlog)をキャプチャするために必要なすべてを提供できる。最新のGoPro Hero8には、より高度な映像安定化機能や、追加のビデオアクセサリーやデジタルレンズなどに対する互換性があり、同社がクリエイター向けにこれまでに作成してきたものの中でも最高のカメラだ。価格は400ドル(約4万4000円)。

マイク

優れたビデオを作成するには、優れたマイクが必要だ。幅広い選択肢がある。非常に異なる価格帯のいくつかのオプションを紹介しよう。まず紹介するのはSaramonic SR-XM1だ。通常は35ドル以上することはない。3.5mmコネクターを使って、非常に簡単に幅広いデバイスのカメラポートに直接接続することができる。Saramonicは、同じような価格でライトニングコネクターに接続する、iPhone用マイクも製造している。その他には、200ドル(約2万2000円)するRode Wireless Goがある。これはより高価なものだが、カメラに直接音声を送り込める完全なワイヤレスマイクシステムとしてはお買い得だ。オプションの小型マイクと組み合わせると、素晴らしい結果が得られる。価格は25〜200ドル(約2700円〜2万2000円)

原文へ

(翻訳:sako)

Source: TechCrunch

ユーザーにとって有益なコンテンツをユーザー流入の導線とするコンテンツマーケティング。広告よりも受け入れられやすく好感度が高いのが特徴です。最近は動画を活用したコンテンツマーケティングに取り組む企業も増えています。

スマートフォンで動画を視聴するのが当たり前になり、動画コンテンツマーケティングはさらに影響力を高めていくでしょう。今回は動画コンテンツマーケティングの事例を紹介し、明日からマーケティングに生かせるように解説します。

続きはこちらからご覧ください。

Source: ferret web marketing

埼玉県飯能市にある宮沢湖を臨むテーマパーク「ムーミンバレーパーク」は11月30日から2020年3月8日までの期間限定で、冬の「ムーミンバレーパーク」イベントを開催する。2019年3月にオープンした同パークは初めての冬を迎えることを受け、「WINTER WONDERLAND in MOOMINVALLEY PARK」と命名した、アートとテクノロジーを融合させた体験型のイベントとなる。ちなみにムーミンバレーパークのオープン前の2018年12月には、同パークに併設されている北欧をイメージした公園のメッツアビレッジで「チームラボ森と湖の光の祭」を開催していた。

関連記事:飯能ムーミン谷を彩るチームラボのテクノロジー

今回のイベントの具体的な内容は、ナイトイルミネーション、おさんぽラリー「りすを探して」、サウンドウォーク「ムーミン谷の冬」の大きく分けて3つのアトラクションがある。ただし、サウンドウォークは1月上旬からのスタートとなる。

ナイトイルミネーション

画像クレジット:ムーミン物語

ナイトイルミネーションのメインは、ムーミンバレーパークのランドマークの1つであるムーミン屋敷を利用した約10分間のプロジェクションマッピングのショーだ。近くに高さ約4mの独特な「ムーミン谷のウィンターツリー」が設置される(下の写真はPixel 4 XLで動画撮影したものキャプチャした)。

  1. スクリーンショット 2019-11-30 14.55.19

  2. スクリーンショット 2019-11-30 14.55.33

  3. スクリーンショット 2019-11-30 14.55.46

  4. スクリーンショット 2019-11-30 14.55.51

  5. スクリーンショット 2019-11-30 14.56.04

  6. スクリーンショット 2019-11-30 14.55.59

  7. スクリーンショット 2019-11-30 14.56.18

  8. スクリーンショット 2019-11-30 14.56.08

  9. スクリーンショット 2019-11-30 14.56.29

iPhone Pro 11とPixel 4 XLで夜景モードを使って撮影すると、Pixel 4 XLのほうが見た目に忠実な印象だったが、いずれもストロボなしでもここまで撮影できるのでいろいろと重宝するだろう。

通常モードでのiPhone 11 Pro(左)とPixel 4(右)

夜景モードでのiPhone 11 Pro(左、オート)とPixel 4(右、オート)

そのほか、パーク奥に進むと現れるムーミンやミイなどがプロジェクションマッピングによって地面に映し出される「あいまいなものの道」や「おさびし山」へと続く坂道にイルミネーションを散りばめた「光る花の道」、山頂(とっていっても低い丘)にある天文台がそびえ立つ岩壁にも物語のワンシーンを表した映像が流れる。

あいまいなものの道(Pixel 4で動画撮影したものをキャプチャ)

光る花の道(Pixel 4で撮影)

さらに。パークのメインステージである「エンマの劇場」を左手に見ながら進む「みんなの足あとの道」では、その名のとおり通行人の足跡が道の残る不思議な体験ができる。

みんなの足あとの道(Pixel 4で撮影)

ナイトイルミネーションは、日没後の17時ごろからの開始となり、閉園は20時。チケットは閉園1時間前の19時までの販売となる。ちなみに、今回のプロジェクションマッピングなどの演出はCALARが担当している。同社は、茨城県北芸術祭2016や六本木アートナイト2017、同2018などにも作品を展示した実績のあるクリエイティブユニットだ。

おさんぽラリー「りすを探して」

画像クレジット:ムーミン物語

日中から楽しめるアトラクションで、ムーミンバレーパークの謎を解きながら散歩を楽しむという内容だ。同パークの入り口にある、はじまりの入り江エリアの「はじまりの店」からスタートして、りすを追いかけて、落とし物を集めながら謎を解いていく。ムーミンバレーパークとメッツアビレッジには、ジップラインやカヌー、参加型シアター、ハンモック、各種ショーなどあるが、基本的には広大な敷地で散策を楽しむ場所。おさんぽラリーは、ファミリーで散策を楽しめる内容となっている。参加費は1人500円で、受付時間は10時〜16時、平均所要時間は1〜2時間。

サウンドウォーク「ムーミン谷の冬」

画像クレジット:ムーミン物語

「ムーミン谷の冬」の物語を体験できるサウンドアトラクションで2020年1月上旬から利用できる。園内で見られるれるさまざまな情景に合わせたサウンドを聞きながらパーク内を散策できる。ムーミン谷の情景とイメージとマッチするかは賛否があるが、ソニーのスマートフォンであるXperiaとオープンイヤーステレオヘッドセット「STH4D」が貸与される。STH4Dは、ソニーが提案するSound ARを体験できるイヤフォンで、耳を塞がずに周囲の音を聞きながら音楽を楽しめるのが特徴だ。サウンドウォークの利用者は首からXperiaをぶら下げて歩くことになるが、そのXperiaの向きや動きに連動してSTH4Dから音声が再生される仕組みだ。

ムーミンバレーパークに入園するにはチケットの購入が必要で、中学生以上は大人料金の1500円、4歳以上で小学生以下は子供料金の1000円。入園チケット付きでジップライン以外のアトラクションが楽しめる1デーパスは大人2800円、子供1800円。ジップラインは大人、子供ともに1回1500円(入園チケットは別途必要)。17時から入園できるナイトチケットは大人1000円、子供500円(アトラクションは利用できない)。

自動車で行く場合は専用駐車場が使える。料金は、平日無料、土日祝日は最大1500円。電車で行く場合は、西武池袋線の飯能駅北口からバスで15分程度だ。なおメッツアビレッジとムーミンバレーパークに向かうバスは、西武バスとイーグルバスが運行しているが、イーグルバスでは交通系電子マネーが使えず現金決済になるので注意が必要だ。

ムーミンバレーパークのキャッシュレス度

ムーミンバレーパークとメッツアビレッジについては実はオープン日の3月16日に取材して、キャッシュレス度を調べていた。当時のムーミンバレーパーク内では、「Peli & Leikki」(ペリヤ&レイッキ)と呼ばれる子供向けのアーケードゲームエリアのみチケット購入に現金が必要だが、ほかのアトラクションは交通系電子マネーが利用できるほか、売店では各種クレジットカードや電子マネーが使えた。パーク内に設置されている飲料の自動販売機も交通系電子マネーとiDを利用可能だ。

今回は新たにパーク内の売店でOrigami Payが使えるようになっていたので報告したい。Origami Payは基本的にクレジットカードと紐付けて都度決済するコード決済方式で、PayPayやLINE Payなどとは異なり、残高不足や残高が残ってしまうことを心配する必要がないがメリットだ。ムーミンバレーパークでキャッシュレスを極めたいなら、インストールしておくべきだろう。

一方、無料で利用できるとメッツアビレッジでは、3月の取材時と同様にカヌー乗り場でPayPayが使えるほか、売店ではクレジットカードや電子マネーを利用できる。もちろん、ビレッジ内のスターバックスではスターバックカードでの決済が可能だ。残念ながら、埼玉県内有数の食品加工メーカーであるサイボクの直営店は前回と同様に現金決済のみだった。

関連記事:埼玉・飯能にオープンしたムーミンバレーパークのキャッシュレス度

Source: TechCrunch

robot-tv-eye

デマンドサイド・プラットフォーム(DSP)であるデータシュー(Dataxu)を買収したことで、ロク(Roku)は彼らのコネクテッドTVプラットフォーム上で広告を購入する広告主の数を増やせると期待している。

The post ロク が DSP を買収、広告への「大きな野望」が明らかに appeared first on DIGIDAY[日本版].

Source: DIGI DAY WEB marketing

Apple(アップル)がIntel(インテル)のモデム事業の買収を突然発表したときの理由の1つだったかどうかは不明だ。しかし今回インテルは、5月に行われた裁定に対する現在進行中のQualcomm(クアルコム)の控訴で、FTC(連邦取引委員会)を支持する法廷助言書を提出した。その裁定とは「CDMAとLTEの技術をめぐるクアルコムのライセンスに関する取り決めが健全な競争を阻害している」とするFTCの申し立てだ。

その助言書と、それを説明するインテルの執行副社長で法務部長であるSteven R. Rodgers(スティーブン・R・ロジャース)氏の最新のブログ記事によると「インテルはクアルコムの反競争的な振る舞いの打撃に苦しみ、モデム市場における競争を阻まれ、顧客への販売を妨害され、クアルコムによって人為的に歪まされた価格で売ることを余儀なくされた」という。そして助言書は具体的に自社をクアルコムによって市場から排除された競合他社のリストに含めている。

今年の早い時期にアップルとクアルコムは、ときにはパートナー同士でもあった両社が争っていた進行中の訴訟を取り下げることで合意した。その法廷抗争は、2017年にアップルがクアルコムの特許使用料が高すぎると訴えたときに始まった。合意には、アップルがクアルコムに1回限りの支払いを行うことと、6年間のライセンス協定の確立、およびクアルコムのチップセットをアップルの製品に使用するための供給の約束が含まれていた。

その同じ時期にインテルは、モデム事業から撤退すると発表した。そのときアップルは最新のiPhoneに、スマートフォン用モデムの業界最大手だったクアルコムの代わりにインテルのモデムを使うことを検討していたので、タイムリーな発表のようにみえた。そのあと7月にアップルは、インテルのスマートフォン用モデム事業の大半を買収すると発表し、アップルはクアルコムから距離を置くための長期的な戦略として、ワイヤレス通信用のチップを内製するのではないかという多くの憶測を招いた。

インテルは状況を公にしただけでは満足していない。そのブログ記事では「同社がこれまでモデム事業に数十億ドルを投資し、それをアップルに売ったのだ」とある。ここからよくわかるのは、総額10億ドル(約1090億円)と言われるアップルへの売却が、その費用を十分に回収していないとするインテルの不満だ。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

ここはデンマークの自治領であるフェロー諸島ストレイモイ島のサクスンである。

大自然の緑の中にひっそりとたたずむ小さな白い教会が奥にあるのがお分かりだろうか。

この教会は1858年に建てられたもので、周辺には農家があり、それらは博物館となっている。

このように美しい自然をもつデンマークだが、2019年の夏、周囲の北極圏では森林火災が相次ぐ異常事態が起きたのである。

 

北極圏の火災についてもっと知る→「『前例のない異常事態』:北極圏の火災

(写真:Nick Fox/Shutterstock)

 

Source: Global News View

Pixpayは、親が子供に小遣いを渡そうとする際に現金以外の手段を提供しようとする、フランスのスタートアップだ。10歳以上であれば誰でもPixpayアカウントを作成し、デビットカードを入手して、小遣いを管理することができる。

チャレンジャーバンクは目新しいものではないが、その大部分は大人をターゲットにするものだ(訳注:チャレンジャーバンクとは、銀行業務ライセンスを取得し、当座預金、普通預金、住宅ローンなど既存銀行と同じサービスをすべてモバイルアプリ上で提供するビジネスモデルを特徴とする新興銀行)。もし他のチャレンジャーバンクである、N26またはRevolutのアカウントを作成しようとする場合には申請者は18歳以上である必要がある。保護者の同意を得ていて14歳以上であれば、Lydiaのアカウントは作成できる。

Pixpayは、Kardと同様に、十代の若者が現金を捨て去ることができるように、最新の支払い方法を提供しようとしている。親と子供の両方がPixpayアプリをダウンロードして、サービスとやり取りする。

アカウントを作成すると数日後に、子供はMastercardを受け取る。それはチャレンジャーバンクに期待されるものと同じ機能を提供する。PINコードをカスタマイズすること、ロックしたりロック解除を行うこと、各トランザクションに対して通知を受け取ることが可能だ。そして利用額、ATMからの引き出し、オンライン支払いや海外への支払いに制限をかけることもできる。Pixpayでは、オンライン支払い用の仮想カードを生成することもできる。

支出分析に加えて、数か月節約を続けて高価なものを購入できるように、資金を別に取り分けておくプロジェクトを作成することもできる。親は、子供たちに資金を節約する方法を教えるために、取り分けた金庫アカウントに金利を設定することもできる。将来的にPixpayは、例えばベビーシッターの仕事の後に10代の若者が報酬を貰えるようにしたいと考えている。

親たちは、Pixpayアプリから即座に送金できるが、選んだデビットカードからPixpayアカウントに資金を追加することができる。そして定期的に(たとえば週4ユーロ(約480円))、または一回だけ(たとえば映画チケットとファーストフードで15ユーロ(約1800円))の送金を行うことができる。

Pixpayを使用する複数の子供がいる場合、親は複数のアカウントそれぞれの様子を確認することができる。最終的には、スタートアップは、複数の親が子供のアカウントを管理できるようにしたいと考えている。これは、別れたカップルのために役立つだろう。

Pixpayの利用料金は、カード1枚あたり月額2.99ユーロ(約360円)だ。ユーロ圏での支払いとATMからの引き出しは無料。外貨での取引には為替手数料が2%かかり、ユーロ圏外でのATMから引き出しには2ユーロ(約241円)の手数料が必要になる。

同社は、Global Founders Capitalから340万ドル(約3億7400万円)を 調達した。Pixpayは、APIを使ってカードとeウォレットアカウントを生成できる、サービスとしての銀行(Banking-as-a-Service)プラットフォームのTreezorと提携している。

原文へ

(翻訳:sako)

Source: TechCrunch

あなたは今、自分の会社をイグジット(投資を回収)する手段として売却を検討しているだろうか。売るのは今か、1年後か、それとも5年後か。筆者自身の20年以上にわたる起業家、アドバイザー、投資家としての知見と、1ダース以上の会社を買収した経験から、買収は常に大がかりで複雑な取引になり、100%準備したという状況には絶対にならないとはっきりと言える。実際、仲間から何度も聞かれたのは、契約サインの時に期待していたほどには、買収後にリターンが得られなかったという後悔の言葉だ。

創業者か株主かにかかわらず、スタートアップの売却前に知っておくべきことがたくさんある。筆者は先週、会社売却を真剣に​​検討している友人と話す機会があった。友人の最初のスタートアップと聞いていたので、売却プロセスの概要を説明した。その話に筆者自身の経験を補足したものが本稿だ。

いつ売却すべきか

会社を売却する理由は基本的に4つだ。

  1. 物事がうまく運んでいない:これは明らかに良くない。売却の必要に迫られていなければ、売却しないことを勧める。筆者なら会社立て直しをあらゆる方法で試み、その後再考する
  2. 物事が極めて順調に運んでいる:最高のポジションだが、こういう時は創業者が売却にあまり興味を持たない。このケースで売却するなら最高の条件でなければならない
  3. 外部要因:会社の外部で何かが起こり、売却が魅力的なオプションになった時。筆者は2つの会社を同時に経営していて、小さい方はイグジットして大きい方に集中することにした
  4. できる限りのことはした:ほとんどの場合、創業者が会社売却を選択する主な理由がこれだ。潜在的な買い手の方が会社成長の機会を多く見出し、活用できると判断する時だ

通常、売却は以上の理由の組み合わせによって判断する。

どう売却を決断すべきか

売却には基本的に3つの方法がある。

  1. 大企業に売る: 同業かそれに近い業界の会社が、技術か顧客を買いにくる。最も一般的なオプションだ
  2. プライベートエクイティ(PE):彼らは通常、既存のオーナーと投資家の持ち分をすべて買い取り、経営陣に利益計画を示し、達成するよう働きかける。PEによる買収では通常、数十億ドル(数千億円)といった高いバリュエーションになる
  3. 新しい投資ラウンド:もっとバリュエーションが低い場合、新しい投資家が単独または複数で、PEの場合と同様に、既存のオーナーと投資家の持ち分をすべて買い取る選択肢もある

売却を決断する前にすべきことが2つある。まず、交渉における自身の立場を最も強いものから弱いものまで検討することだ。

現在少なくとも1つの買収提案があるか、最近買収提案を断ったばかりというのが理想的で立場は一番強い。1つの買収提案がより多くの提案を引きつけることがよくあるからだ。

正式な買収提案がない場合、買収の意思を誰かが持っていないか調べる。ヒントや手がかりは、ビジネスパートナー、顧客、競争相手のみならず、投資家やPEとつながりを持つアドバイザーからもたらされることもある。

買い手のめどが立たない場合、会社売却は一段と難しくなるが、不可能ではない。こうなると売却は資金調達と似た様相を帯びてくる。買収提案やその見込みがない場合は、つながりと関係を築く必要がある。基本的には、売り込み資料を携えて飛び込みをかける。忍耐強さが必要で、それがなければ会社の株式価値の相当な部分を諦めることになってしまう。

フィクサーを使うことを考えてもいい。フィクサーは、経験豊富なCEOとして会社に入り、それなりの割合の株式を取得し、外部の関係構築と経営の双方で会社をより良い売却ポジションに導く。極めてまれだが、実際にこのケースを見たことがある。株式価値を高めることを期待して、フィクサーにいくらか株式を渡すわけだ。

最後に、会社を引き継ぎたいという個人が見つかるかもしれない。ただバリュエーションはかなり低くなってしまう。ファイアセール(残りものを極めて安く売ること)と言っていい。

もう1つ、売却を決める前にすべきことは、取締役会、既存株主、経営陣、アドバイザーに相談することだ。全員が議論に参加して方向性を揃える必要があり、適切な期待値を設定した上で合意する必要がある。

会社の売却準備

会社の売却価格を計算するには、基本的に3つの方法がある。

  1. サービスを提供する企業は通常、「年間売上高の1〜2倍」の価値がある。会社に分割可能なプロダクトやスピンオフするかもしれない知的財産がある場合、3倍かそれ以上になる可能性がある
  2. プロダクトを扱う会社は通常、「年間売上高の2〜10倍で評価される。評価は、プロダクトの市場、競争から身を守る独自性のある差別化要因、技術の難易度、成長機会など多くの要因によって変わる
  3. 成長機会とイノベーションの見込みが極端に高い場合、プロダクトを扱う会社は「20〜50倍で売却できる

会社売却のために必要なことが2つある。会社には売却価格に見合う価値があると示すこと、経営の適法性を証明することだ。

会社に1000万ドルの売上があり、バリュエーションがその10倍、つまり1億ドルになった場合、向こう3〜5年の青写真を描いて見せ、確かに1億ドルの価値があると買い手に示す必要がある。客観的に示すほど、よい買収価格を引き出せる可能性が高くなる。

方法はいくつかあるが、買い手に財布を開かせるにはスプレッドシートとホッケースティックチャート(将来急成長する想定の事業計画)だけではおそらく不十分だ。ある案件では、実際に1カ月間実験プロジェクトを実施し、買い手が指定した特定のマイルストーンを達成する必要があった。別の案件では、3カ月間アクセルを床まで踏み込み、3カ月連続で対前月成長率100%を達成した。

会社の適法性を証明するには、デューデリジェンス(投資先の価値やリスクの調査)を実施する必要がある。これは、オファーシート(買収条件を記載した書面)をまとめた後に行う。買い手が買収から撤退する場合は、ペナルティ条項の適用が望まれる。

デューデリジェンス中、会社が組織として誠実かつクリーンであることを明らかにする必要があり、次のようなことを行う。

  • 会社の過去、現在、未来のすべての持分を考慮したクリーンなキャップテーブル(各株主の持株数を要約した表)を開示する
  • 財務数値の調査のため帳簿を開示する
  • 双方の弁護士立ち会いの下、債務とリスクを洗い出し、知的財産が適切に保護されていることを確認する
  • 経営陣にインタビューを実施し、バックグラウンドチェック(犯罪や不正の履歴などの身元調査)にかけ、すべてを明るみに出す。重要な経営者には全員、売却後会社に残ってもらう

買い手が最初に関心を表明した後、デューデリジェンスによる詳細調査までは時間がないため、会社を市場に出す前にすべての準備を整えておく必要がある。

時間軸

おそらくあなたの予測の精度は筆者と同じくらいだから、あなたの最善の予測を2倍にしてちょうどいいくらいだ。筆者がこれまでに経験した買収案件で最速は4カ月、最長は7カ月だった。繰り返しになるが、会社売却は資金調達ラウンドに似ている。時間軸は会社の中身と交渉ポジションの強さによって決まるが、それだけではなく、対処すべき外部要因も常に存在する。

買い手と45日間連絡が取れなくなったことがあった。30日経った頃、筆者らはこの案件は成立しないと諦めつつあった。だが、その案件は成立した。求婚者をそろえるのに1〜2か月、正式な買収提案を得るのに2〜3か月、デューデリジェンスに1〜2か月は想定してほしい。迅速とは言えないが、これ以上長引くことは少ない。上記の筆者の経験談はともかく、通常売り手と買い手双方に迅速に事を進めるインセンティブがある。それでも時間がかかる。

スタートアップ後の生活に備える

筆者が友人と最後に話したことは、友人のスタートアップが買い手の企業グループに組み込まれた後に友人が何をすべきかだった。あらゆる選択肢のうち、素敵な給料がもらえる心地いいVPのポジションを考えていて、実際それを選ぶことは可能だった。問題はいつまで続けるかだった。

筆者の会社が最後に買収された時に、筆者は初めて会社に残り次のマイルストーンを達成するために努力した。結局達成はできなかった。2年経ち、精神的な壁にぶつかり、立ち直ることはなかった。最後の数カ月間、自分自身に真剣に向き合ったにも関わらずだ。筆者自身の心の変化と外部の要因が入り混じったものだったが、何かが終わってしまったような感覚だった。毎朝仕事に行く時に、レンガの袋を引きずっているように感じた。

もう一度同じ状況に置かれれば再び同じように頑張ると思う。筆者はスタートアップからスタートアップに飛び移ることは一度もなかったし、自分自身に何ができるか学ぶためにビジネスの世界に没頭してきた。買い手が通常2年間、経営陣を会社に拘束するのには理由がある。それが売り手と買い手の落としどころなのだ。

買収された後に会社に残ると決めたのは初めてだったため、会社に残ったらどうするかについて事前に計画を立てていなかった。そのツケを後で払うことになった。会社を去ってから自信を取り戻すまでに3カ月かかった。

同じような境遇にいる人々が、回復するのにもっと時間がかかったのを見てきた。何人かは回復の過程でクレイジーなことをした。お金があることをいいことに、やりたいと思っていたばかばかしい会社を始めたが、誰も彼らに意見せず悲惨だった。

会社に残るか悲鳴を上げて逃げるかはともかく、次のステップをを考える時間を確保してほしい。時が来れば何でも好きなことができる。新しいプロジェクトを始めたり、新しい仕事に就くこともできる。スタートアップとはまったく関係がない世界かもしれない。だが可能性はある。起業家は中毒者のようなものだ。いつ止めるべきなのかがわからない。

画像クレジット:Don Mason / Getty Images

【編集部注】筆者のJoe Procopio(ジョー・プロコピオ)は、複数のイグジット、複数の失敗の経験がある起業家。現在Spiffyを立ち上げ中だ。これまでにAutomated InsightとExitEventを売却し、Intrepid Mediaを創業した。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

Source: TechCrunch

アメリカではフリーランスとして働いている人が多く、2020年までには労働人口の50%を占めるのではないかと言われています。一方、日本ではフリーランスの働き方は人気が出ていますが、アメリカほどではありません。

最近では、企業が副業を推進したりするほか、クラウドソーシングというフリーランスが仕事を受注できるプラットフォームができ、働き方も多様になりつつあります。

そんな中で人気の職業の一つが、ライターです。特にWebライターは自宅でもできる仕事が多いため人気があります。

しかしライター、あるいは記事制作を始めた方で、「文章がうまく書けない」と悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。記事制作のコツを3つ紹介します。

参考:アメリカでフリーランスが多い理由と、日本で新しい働き方をする方法 | ハフポスト

続きはこちらからご覧ください。

Source: ferret web marketing

ツールバーへスキップ