Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/matomecuhk/jibunkeiei-glabal.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

SpaceXは2022年までに月面にStarshipを着陸させ、2024年までに月面着陸に備える予定

  • 2019.10.26
  • IT

毎年恒例の国際宇宙会議(IAC、International Astronautical Congress)で行われた、SpaceXに対する一連の簡単なインタビューの中で、SpaceXの社長でCOOのGwynne Shotwell(グウィン・ショットウェル)氏は、まもなく登場するStarship宇宙船のミッションスケジュールに関する同社の現在の考えについて少しばかり明らかにした。Starshipは現在、SpaceXの南テキサスとフロリダの施設で並行して開発されているが、これらはFalcon 9とFalcon Heavyの後継者であると同時に置き換えを意図した多目的ロケットである、搭載重量はより多く月や最終的には火星に到達する能力を有する。

「私たちはStarshipを1年以内に軌道に乗せたいと熱望しています」と、ショットウェル氏は語る。「そして必ず2022年以前に月に着陸したいと考えています。そしてうまくいったなら2024年までに月面着陸する人たちのために必要な資源の運搬を始めたいと考えています。とても野心的なタイムフレームですね」。

まさにそれは大胆なタイムラインであり、ショットウェル氏自身が繰り返し述べているように、「野心的な」タイムラインだ。テック産業同様に、宇宙産業では、プロジェクトで作業しているチームに実際の能力の限界を発揮させるように、積極的なスケジュールを設定することは珍しくない。SpaceXのCEOであるイーロン・マスク氏も、しばしば現実と一致しないタイムラインに取り組むことで知られており、ショットウェル氏はIACでのステージ上のインタビューの別の部分で、マスク氏の野心的な目標設定をいいものだとほのめかした。

SpaceX President and COO Gwynne Shotwell at IAC 2019

SpaceXの社長兼COOであるグウィン・ショットウェル氏。ワシントンDCのIAC 2019にて

「イーロンがこうした信じられないほど大胆な目標を出すと、世間は『そんなことはできっこない、軌道なんかには行けない、軌道に到達できるロケットなんか作れっこない、Heavyが軌道に乗ることなんてない、Dragonがステーションに到達することはない、Dragonが帰還できるはずがない、そしてロケットを再着陸させることなんて不可能だ』と言うのです」と彼女は言った。「だから、率直に言って、私は世間が『できっこない』と言うのを聞くのが大好きです。それは、私の素晴らしい6500人の従業員たちを鼓舞して、そのことをやり遂げる気にさせるからです」。

SpaceXは以前、1年以内という短期間のうちにStarshipによる最初の軌道試験飛行を開始するという目標について公表していた。これまでのところ同社は「Starhopper」という名のデモンストレーション用宇宙船を建造しテストした。これは、宇宙船のベース部に新しいStarship打ち上げシステムとSuper Heavyに使用するRaptorエンジンの1つを組み合わせて構成したものだ。

その機体を使った低空飛行を成功させた後、SpaceXはStarshipテスト機のMk1ならびにMk2の組み立てを始めた。これは、最終的な軌道宇宙船のフルスケール品と同等のもので、それぞれボカチカ(南テキサス)とケープカナベラル(フロリダ)のチームによって建造されている。これらは、SpaceXが軌道用、そして最終的には人間のテスト飛行のために追加のプロトタイプを構築する前に高高度試験を実施する予定だ。

SpaceXはすでに、NASAと連携しているIntuitive Machinesやispaceと契約を結んでいる。両社は2024年のArtemisプログラムによる月面着陸に先行して、月に貨物を運ぶ役割を担っている。とはいえ、これらの貨物輸送ミッションはすべて輸送にFalcon 9を使うことが指定されている。

[原文へ]

(翻訳:sako)

Source: TechCrunch

NASAは月に、黄金のように貴重な液体を探している。それは石油ではなく、ごく普通の水だ。水が恒久的にあれば我々にとっても必要だから、それを知ることはきわめて重要だ。そこでNASAは、VIPER(バイパー)と呼ばれる探査車を月の南極へ送り込もうとしている。それは1972年以来最も長期の月面ミッションになる。

VIPERは、Volatiles Investigating Polar Exploration Rover(揮発性物質調査用極地探検探査車)の頭字語で、計画では2022年12月に月面へタッチダウンする。そのミッションは、極地域の恒久的に影の部分に水の存在を直接目撃して、その量を求めること、だ。

月のその年中暗い部分は、何百万年もかけて氷結水を集めてきた。陽が当たらないので、溶けないし蒸発もしない。NASAはすでにこれまで、一般的な領域で探針を地表下に差し込み、結氷水の存在を確認したが調査としての精度は低い。ロボットを送って正確な測定をすべきだ。

VIPERはゴルフカートぐらいの大きさで、探査用の機器を積んでいる。その中のNeutron Spectrometer System(中性子スペクトル分析システム)が、地表下の水を見つける。それに関してはNASAのアドミニストレーターであるJim Bridenstine(ジム・ブリデンスティン)氏が昨日、少し言及している

関連記事:NASA Administrator Jim Bridenstine explains how startups can help with Artemis Moon missions(人間の月滞在事業にスタートアップも貢献できる、未訳)

VIPERが水の上に来ると、TRIDENT(The Regolith and Ice Drill for Exploring New Terrain、新たな地質構造を探求するための表土と氷用ドリル)が展開される。それは文字どおりTrident(三叉鉾)のようだが今週出会った最高の頭字語だ。そのドリルは長さが1mで、スペクトロメーター(分光器)が月の土壌を分析するための試料を掘り取る。

試料採掘とスペクトル分析を大面積にわたって行うと、地表下の水の所在を地図に落とし、大きなパターンを掴めるだろう。月の上の、人間が大好きな物質の存在をもっと体系的に理解できるかもしれない。

waterhunt

探査車VIPERがマップした月の表面下の結氷の視覚化

トップの画像でおわかりのように、この探査車は目下開発途上だ。まだ、その動き回る部分をテストしているにすぎない。それは探査車本体の一番肝心な部分だけど。

月の南極の陽が射さない部分でのミッションだから、ソーラーパネルなどはなく今回積む電池で100日しか仕事できない。しかしそれでも、米国が月面で過ごした日数の記録を更新する。最近の数年間で大量の探査車を月面の至るところに展開した中国の場合はどうだろうか。

おもしろいことに、この探査車の展開は外部契約プロジェクトであるCommercial Lunar Payload Services(月面商用荷重サービス)の一環だ。つまりこのペイロードサービスに参加するどこかの企業がたぶん、VIPERを軌道から月面へ着地させる着陸船を作るのだ。打ち上げが近くなれば、もっと詳しい記事を書けるだろう。

関連記事:NASA calls for more companies to join its commercial lunar lander program(商用月面着陸船に多くの企業の参加をNASAは求む、未訳)

画像クレジット: NASA

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

世界の宇宙産業、宇宙機関、研究者が一堂に集まり宇宙技術と宇宙ビジネスについて話し合う国際宇宙会議が今週開かれたが、私はNASAのJim Bridenstine(ジム・ブライデンスティン)長官に、NASAが意欲的に推進するアルテミス計画におけるスタートアップの役割をどう考えるかを尋ねた。アルテミス(ギリシャ神話に登場するアポロの双子の姉妹から命名した)計画とは、月に再び人類を送り(今回は滞在も予定している)、そこを拠点に火星などのさらに遠くの宇宙探査につなげようというものだ。

ブライデンスティン長官は、報道向けの質疑応答で、この質問に見事に答えてくれた。それによると、この計画では、大小さまざまなスタートアップによる貢献が非常に期待されており、若い宇宙企業が大きなインパクトを与える形で貢献できる分野が数多くあるという。

「企業には、大企業もあれば中小企業もありますが、知っておいて欲しいのは、この(ルナ)ゲートウェイで私たちが構築しているものはオープンアーキテクチャーであり、民間のパートナーと進めてゆきたいと考えていることです」とブライデンスティン長官。「そのため実際に、この国際宇宙会議には数多くの企業が参加しています。月に行くと公言している大企業です。彼らは持続性を求めており、アルテミス計画に加わりたいと考えています。ゲートウェイは、そんな企業に開放されています」。

NASAルナ・ゲートウェイの想像図。オライオン・カプセルがドックに接近しているところ

ルナ・ゲートウェイは、NASAが月の周回軌道に載せて、宇宙船の拠点にしようと計画している宇宙ステーションだ。物資をいったん月の軌道に集めておくことで、月面に下ろす作業を確実に、簡単にする重要なステップとなる。だがブライデンスティン長官は、NASAがアルテミス計画のために最初に提示した公募告示(BAA)では、ゲートウェイを利用せず、直接、月面に降りる民間企業の提案も歓迎していると指摘していた。

これまで月探査は、SpaceX(スペースエックス)のような潤沢な資金力と強固な基盤を持つニュースペース企業と呼ばれる一部の革新的企業が受け継いでいた。しかし、アルテミス計画が求める企業の役割は、地球から月の軌道まで移動できる宇宙船の建造のような膨大な資金を要する仕事に限らないとブライデンスティン長官は言う。

「月面に物資を届けておく必要があります」と彼は話す。アルテミス計画では2024年に人を月面着陸させる予定だが、そこで使用されるスペース・ローンチ・システム(SLS)とオライオン有人カプセルがミッションを確実に達成できるように、前もって物資を送り込んでおく必要があるという。「ゲートウェイで着陸船を準備する際にも、おそらくバイパー中性子分光計や赤外線分光計など、地表や氷や、月面上に何がどこに、どれくらいの量で存在するかを調査するためのハードウェアを月面に設置する際にも【中略】そうした科学機材を月に送り届けなければいけません」。

ブルー・オリジンのブルー・ムーン着陸船

実際、NASAが予定している2024年の月面有人着陸に先駆け、または同時期に月着陸船で物資を運び込む準備を進めている企業がある。Peregrine(ペレグリン)月着陸船を2021年に打ち上げる予定のAstrobotic(アストロボティック)と、Blue Moon(ブルー・ムーン)着陸船のBlue Origin(ブルー・オリジン)だ。どちらの着陸船も、そしてその着陸船が運ぶ物資も、月での人類の持続可能な活動を円滑化するために、スタートアップが開発した機材やシステムを利用する可能性がある。事実、ブライデンスティン長官は、計画中の機材の中には、高度なデータ収集ハードウェアよりもずっとワイルドなものがあると話していた。

「たぶん、これも予算によりますが、また今から2024年の間に実現できるとは確約できませんが、月面に空気で膨らむ住居を建て、そこを月面に降り立った宇宙飛行士たちの拠点とし、長期間の滞在を可能にするといったことも考えられます」と彼は言う。「実現可能な範囲なのかって?もちろんです」。

さらにブライデンスティン長官は、NASAがすでに数多くの小規模ながら革新的な企業と協力していること、そしてさらに多くのパートナーを探し続けたい旨を話していた。NASAから発注される月への物資輸送の需要は確実なものであり、発展性があり量も増えていくと長官は指摘していた。

「SLSとオライオンに加えて、さらなる可能性を私たちは必要としています。そこでは、あらゆる種類の民間事業者にチャンスがあります」と彼は言う。「また私たちは、NASAが関わるスモールビジネスへの投資や調査も行っており、常にスモールビジネスを支援しています。事実、私たちは商業月運搬サービス(CLPS)プログラムを進めています。契約した企業は現在9社。【中略】そのうち2社は、2021年に月に物資を輸送するという依頼に取り組んでいます。【中略】この9社に留まらず、さらなる企業を引き込みたいと考えています。もっと大規模な月着陸の可能性を提供してくれる大きな企業の参加も期待しています。なぜなら前にも述べましたが、月面への物資輸送の需要は今後さらに高まるからです」

[原文へ]

(翻訳:金井哲夫)

Source: TechCrunch

Tesla(テスラ)は、住宅用のソーラー屋根材の3つ目のバージョンを、米国時間10月25日のブログ記事と記者会見で発表した。テスラのCEO、Elon Musk(イーロン・マスク)氏は、この3代目Solar Roof(ソーラールーフ)の解説から記者発表を開始し、いくつもの質問に答えていた。同社は、数週間後にはソーラールーフの設置を開始し(すでに始まっているものもあるとマスク氏は言っていた)、1週間に1000件の新規設置を目指しているという。

設置後の外観は通常の屋根材と変わらず、それでいて発電ができるようデザインされたテスラのソーラールーフ屋根材は発展途上の技術だと言える。テスラでは、このコンセプトを発表してから3年間、ずっと改良を重ねてきおり、今までに、2つのバージョンを試験施行している。「バージョン1とバージョン2は、模索段階のものでした」とマスク氏は、先週開かれた収支報告会で話していた。加えて彼は「バージョン3で、ついに成功の準備が整いました」と語った。

テスラのソーラールーフのウェブサイトには、およその見積もりを計算できるページがあるが、それによると10KW(キロワット)のパネルで、平均的な2000平方フィート(約186平方m)の屋根の場合、4万2500ドル(約460万円)となっている。米国の8550ドル(約93万円)の税額控除を受けると3万3950ドル(約369万円)になる。家の住所を入力すれば、その地区での施行費用と、その地方の税額控除から価格を割り出してくれる。テスラのホームバッテリー「Powerwall」(パワーウォール)を追加した価格も知ることができる(2000平方フィートの場合は3台が標準で付属)。

「このソーラーグラスの屋根は、比較的新しい屋根をお持ちの方には経済的なメリットはないでしょう。これそのものが、発電する屋根材だからです」とマスク氏は説明する。続けて彼は、このバージョン3の製品により、テスラは「標準的な屋根の建設費用と(その屋根に載せる形の)ソーラーパネルの価格を下回る」プライスポイントを実現できたと述べていた。

「効果的な設置方法は実に簡単に知ることができます。私たちは、その目的でインストラソンを開催する予定です」とマスク氏。インストラソン(施行マラソン)とは、2つのチームが、小さなあるいは凝ったデザインの屋根にいかに早く施行できるかを競わせる企画だ。「施行方法だけに関しても、かなりの研究開発を行った」とマスク氏は後に繰り返し述べていた。

またマスク氏は、最初は専門の職人を雇い訓練するという。この計画は、最終的にはあらゆる外部の施工業者にも広げる予定だ。収支報告会では、マスク氏とテスラの担当者たちが、施行時間を通常の屋根材をふいて、その上にソーラーパネルを設置する場合よりも短くなるように力を注いでいると話していた。そしてマスク氏は、このソーラーグラスの屋根材を、通常の屋根材よりも早く施行できるようにすることが最終目標であると語った。これはバージョン2と比較して雲泥の差があると、マスク氏は言い足している。

「私たちは、今後数週間以内にできるだけ早く施行を開始します」とマスク氏は準備が整っていることを告げると目標は「数カ月以内」に「1週間に1000件」だと語った。

2018年9月付けのCNBCの記事は、発表から彼らが調査を行った日までの間に2年のギャップがあるにも関わらず、テスラはソーラールーフの施行をほとんど行っておらず、同年1月にニューヨーク州バッファローにあるテスラのギガファクトリーでソーラールーフの製造が開始されたが、ほとんど作られていないと伝えていた。だが、6月に開かれたテスラの定期株主総会では、マスク氏は3代目のソーラー屋根材の準備は進んでおり、正確な数は明らかにしなかったものの、その時点で米国の8つの州で施工を進めていると話していた。

マスク氏は、今日までに一部の製造に遅延があったこと、以前までのバージョンは施工が難しかったことを認めた。そして彼は、テスラのモデル3の増産に触れ、「この1年から1年半の間、ソーラー部門からは実に多くの資源を融通していました」と話した。モデル3による障害が大幅に取り除かれたことで、会社としてこちらのチャレンジに本腰が入れられるようになったという。

マスク氏は、この製品の到達可能市場を世界の住宅1億軒のオーダーで見積もっており、実際に世界展開を意図していると強調した。

ローンチ時点では、ソーラールーフの仕様は1種類しかないが、できるだけバリエーションを増やしてゆくとマスク氏は話していた。それには、陶器やその他の素材に似せたものも含まれる。

ソーラー屋根材と施行には、耐風雨性(最大風速約58m毎秒など)と発電性能に25年間の保証が付く。ソーラールーフは、同等サイズの従来式の後付けソーラーパネルよりも多くの電力を発生する。しかし一方、個々のタイルの発電効率は従来式のソーラーセルよりも低い。それでも、カバーできる屋根の面積が広いためにソーラールーフのほうが高性能ということになるのだ。

[原文へ]

(翻訳:金井哲夫)

Source: TechCrunch

「SEOは内部対策と外部対策の2種類に分けられる」

多くの方が聞いたことのある言葉だと思いますが、今回は内部対策における重要ポイントである内部リンクについて紹介します。

内部リンクには様々なSEO効果があり、ユーザーにさらなるサイト満足度を提供することもできます。

続きはこちらからご覧ください。

Source: ferret web marketing

名古屋を拠点とするオプティマインドは10月24日、トヨタ自動車をリードインベスターとして、MTG Ventures、KDDIが設立しグローバル・ブレインが運営するKDDI Open Innovation Fund 3号、ほか1社を引き受け先とする第三者割当増資により、総額約10億1300万円の資金を調達した。

オプティマインドは、ラストワンマイルの物流ルート最適化を目指す古屋大学発のスタートアップ。昨年、オープンソースの自動運転OS「Autoware」を開発した加藤真平氏が取締役会長兼CTOを務めるティアフォーや、倉庫事業を中心にアートのサブスクリプションや物流網のオープン化などの事業を手がける寺田倉庫から数億円規模を資金調達していた。

関連記事
AIでラストワンマイルの配送ルートを最適化、名古屋大発のオプティマインドが数億円を調達
自動運転技術開発のティアフォーが累計113億円の資金調達、本格的な商用化目指す
たった5分、たった一人で物流倉庫と配送網、検品体制を構築できる「minikura+」とは?

オプティマインドが開発する配送ルート最適化サービスの「Loogia」(ルージア)は、ラストワンマイルの配送ルートをAIを活用して短時間で計算するクラウドサービス。「どの車両が、どの訪問先を、どの順に回るか」という配送計画を、複雑な条件や現場の制約を考慮しながらAIが数分で作成し、ドライバーに効率的なルートを提供する。

具体的には、ベテランドライバーが走行したデータを取り込んで教師データとし、より精度の高いルートの算出やベテランドライバーのノウハウを共有。配送ルートの作成については、マンションなどの入り口の位置や道路幅などを考慮して最適な道順を算出するという。

同社が昨年、郵便局と共同で実施した実証実験では、ベテランドライバーと新人ドライバーでは、ルート作成に要する時間がそれぞれ平均14分、44分と30分の差が生まれたほか、移動時間についても平均34分、57分と20分以上の開きがあった。これをAIによって最適化することで、新人であってもAIによるルート作成が6分、移動時間が45分に軽減できたという。平均65分の配達先滞在時間を含めた総配達時間は、ベテランドライバーが113分、新人ドライバー+AIの組み合わせでは116分と、差が3分に縮まったという結果が得られた。

オプティマインドは今回の資金調達により、引受先と個別に取引強化を進める。具体的には、トヨタがが構築するモビリティサービス向けのさまざまな機能の提供を目指したオープンプラットフォームであるMSPF(モビリティサービス・プラットフォーム)に、オプティマインドのルート最適化技術を導入して共同開発を進めていく。MTG Venturesからは経営や事業推進に関する知見、人的ネットワークを用いた支援を受け、オプティマインドの企業価値向上と経営体制の強化を図る。KDDIとは、IoT/AIを活用した「需要予測×ルート最適化」による配送ソリューションの共同開発を進めるという。そのほか、プロダクト開発体制の強化、人材の獲得・育成、マーケティング施策の拡充などにも当てられる。

 

Source: TechCrunch

米国時間10月25日、Google(グーグル)は検索エンジンのアルゴリズムをアップデートしたことを発表した。ここ数年で最大で、検索者の意図の推測精度を改善するためにニューラルネットワークを利用する。

Googleでは「検索10回のうち1回の精度をアップさせた」としている。このアップデートは当面米国における英語の検索が対象だが、ほかの地域、他の言語も近くサポートされる。検索時に表示されるスニペットについてはすでに世界でアップデート済みだ。

検索エンジンの世界では、アルゴリズムの改善というのは地味で目立たないものが多いが、検索の10%にも影響するというのは驚くべき数字だ。世界中のSEO専門家はここしばらく徹夜が続くだろう。

Googleではこのアップデートは長く会話的な検索の場合に特に威力を発揮すると考えている。実はGoogleはユーザーがなるべく会話的、説明的に検索テキストを入力することを望んでいる。そのほうが単なるキーワードの羅列より検索意図を理解しやすいからだ。

2019 10 25 0945 1 ニューラルネットを利用した新しいアルゴリズムは双方向エンコーダーによる変形生成、「Bidirectional Encoder Representations from Transformers」あるいは、セサミストリートの有名なキャラにかけて頭文字でBERT(バート)と呼ばれる。同社は昨年BERTによるモデル化の実装をオープンソース化して公開している。 変形生成(Transformers)というはもっと最近開発された機械学習テクノロジーで、データ要素間にシーケンシャルな関連がある場合に特に有効だという。自然言語による質問を解析する場合に効果があることは当然だ。

また今回のBERTアップデートはGoogleが最新のTPUチップを検索に活用した最初の例だ。

このアップデートにより、Google検索はユーザーが何を探しているかを理解し、もっともふさわしい結果をページないしスニペットとして表示してくれるようになるはずだ。アップデートはすでに公開が始まっている。

画像:Getty Images

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook

Source: TechCrunch

auction-1-eye

sellers.jsonと並行して立ち上げられた「サプライチェーンオブジェクト(SupplyChain Object)」は、サプライチェーンの匿名性をバイヤーが解消するのに役立つものです。インプレッションの販売に関与したすべての中間業者を明らかにするツールです。その注目すべき初歩的なポイントを説明します。

The post 【一問一答】「 サプライチェーンオブジェクト 」とは?:すべての中間業者を明らかにするツール appeared first on DIGIDAY[日本版].

Source: DIGI DAY WEB marketing

韓国・ヒュンダイの電動自動運転機能を搭載するクロスオーバーSUV車であるKonaの一群が、中国の自動運転企業であるPony.aiの自動運転システムを搭載し、米国ニューヨーク拠点のライドシェアプラットホームであるViaを利用して、来週から公道上で乗客の送迎を開始する。

そのロボタクシーサービスはBotRideと呼ばれ、11月4日からカリフォルニア州アーバインの公道で営業する。完全な自動運転車ではなく、人間のセーフティードライバーが常時運転席に座る。しかしカリフォルニア州でのライドシェアのパイロット事業は例が少ない。これまで自律車を用いたライドシェアサービスの営業が許可されたのは、AutoX、Pony.ai、Waymo、Zooxのわずか4社だ。

乗客がスマートフォンのアプリから乗車をリクエストすると、近くの場所を指示されるので、そこで待っていると拾ってくれて、またそこで降ろしてくれる。このようなライドシェアの仕組みはViaのシステムが動かし、そしてこのプラットホームは、同じ乗客による同じルートの複数回の乗車を狙っている。そのための予約や乗客と車の割り当て、QRコードによる車の特定などはViaのプラットホームが扱う。Viaの事業には二つの面があり、シカゴやワシントンD.C.、そしてニューヨークでは一般消費者対象のシャトルサービスを運用している。そして今度のロボタクシーサービスでは、クライアントが自分のプラットホームで自社のシャトルを展開する。

ヒュンダイによるとBotRideは、今後の完全な自動運転に備えてユーザー体験を検証することが目的だ。その「今後」がいつのことなのか、それは未定のようだ。しかしいつであれ、今回のパイロット事業はそれに向けての重要な足がかりだ。

Coverage area of Hyundai robotaxi pilot

現代自動車(Hyundai Motor Company)の事業開発部長であるChristopher Chang(クリストファー・チャン)氏は「同社はBotRideを利用して自動運転のライドシェア環境における消費者行動を研究する」とコメントしている。

「BotRideのパイロット事業は、今成長途上にある新しいモビリティー事業の展開と最終的な商用化のための重要なステップだ」と同社の高度製品戦略担当マネージャーであるDaniel Han(ダニエル・ハン)氏は語っている。

BotRideはヒュンダイというよく知られた名前が頭に付く。しかしPony.aiとViaの技術的貢献度も極めて大きい。Pony.aiは自動運転車の世界では新人だが、すでに17億ドル(約1847億円)の評価額で3億ドル(約326億円)を調達しており、トヨタやヒュンダイと提携している。

中国とカリフォルニアで操業しているPony.aiは従業員が全世界で約500名、2016年の後半にSequoia Capital ChinaとIDG Capital、およびLegend Capitalの投資で創業された。

同社はまた、カリフォルニア州自動車局から公道上の自動運転車のテストを許可され、カリフォルニア州公共事業委員会(CPUC)からこれらの車のライドシェアサービスでの利用を許可された数少ない自動車企業グループのひとつだ。CPUCの規則により現在のところPony.aiは乗車に対して課金できない。

画像クレジット: Hyundai/Pony.ai

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

オープンソースのデータ可視化・グラフ化ソフトウェアであるGrafana(グラファナ)の商用利用をサポートするGrafana Labsが、シリーズAで2400万ドル(約26億円)の巨額を調達した。Lightspeed Venture Partnersがラウンドをリードし、Lead Edge Capitalが参加した。

CEOで共同創業者のRaj Dutt(ラジ・ダット)氏によると、同社はオープンソースのGrafanaツールに商用のレイヤーを提供するスタートアップとしてスタートしたが、今ではオープンソースのモニタリングツールであるLokiなど、そのほかのプロジェクトもサポートしている。LokiはPrometheusに似ているが、Grafana Labsの自作ソフトウェアだ。

同社はこれらのサービスを動員してデータソースに接続し、データをモニタしている。ダット氏は「Grafanaは、データがどこにあってもそれらに接続する。独自のデータベースであっても、オンプレミスのデータベースであっても、あるいはクラウド上のデータベースでもだ。Grafanaが同時に接続できるデータソースは42種類以上ある」と説明する。

でも同社は、それ以上のものに成長した。同社によるとそのプロダクトセットは「さまざまなプロダクトを単一の提供物へと統一している。それは、世界初のユーザーが自由に編成できるオープンソースの観測プラットホームであり、Grafanaを主軸としてメトリックスやログ、トレースなどのデータを一元的に扱える」。

実は、モニタリングとロギングの伝統的なツールであるElasticやNew Relic、Splunkなども、今年はそんな一元的な方向へ進もうとしている。メトリックスやロギング、トレーシングなどを一体化したデータ分析や可視化のことを観測ないし観測性(Observability)という言葉で呼んでいる。

Grafana Labsはオープンソースプロジェクトの商用部門で、その上に構築した2つのプロダクトがある。まずGrafana Enterpriseにはエンタープライズにフォーカスしたデータコネクターと、強化された認証とセキュリティ、そしてオープンソースよりも充実したエンタープライズクラスのサポートがある。

GrafanaのSaaSバージョンもあり、それは完全な管理を伴い、オープンソースのダウンロードやインストール、管理、アップデート、パッチなどに伴う面倒がない。面倒はすべて月額料金でSaaS側が見てくれる。

ダット氏によると、最初の5年間では外部資金を400万ドルを導入しただけだが、社員数100人、顧客数500社にまで成長できた。彼の自慢はキャッシュフローが現状でとんとんであることだ。

そして近年Grafana Labsは、そろそろ大きな資金を得て成長を加速すべき段階だ、資金がなくてできなかったこともできる、と決意した。ダット氏は「オープンソースのコミュニティとそのマインドシェアにより、企業価値創成の善循環ができている。それは、持続可能なビジネスを築けた、ということだ。今後はその循環を加速していきたいので、思い切った資金調達を行なった」と語る。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

2人の米国上院議員が、動画共有アプリのTikTok(ティックトック)が「国家安全保障上のリスク」を引き起こす可能性があるか否かの評価を、米国政府の最上級情報機関に対して要請した。

A photo taken on December 14, 2018 in Paris shows the logo of the application TikTok. – TikTok, is a Chinese short-form video-sharing app, which has proved wildly popular this year. (Photo by JOEL SAGET / AFP) (Photo credit should read JOEL SAGET/AFP/Getty Images)

上院議員のCharles Schumer(チャールズ・シューマー)氏とTom Cotton(トム・コットン)氏による書簡の中で、議員たちは国家情報局のJoseph Maguire(ジョセフ・マグワイア)長官代行に、アプリのメーカーが、米国人のデータを中国当局に引き渡す可能性があるかないかを尋ねたのだ。

TikTokはこれまでに、およそ1億1000万回ダウンロードされており、ソーシャルメディアネットワーク上で共有可能な短く気軽なビデオを録画する機能が人気を博している。だが2人の議員は、TikTokは北京に本社を置く会社が所有しているため、位置データ、クッキー、メタデータなどの同社の所有するユーザーデータが、たとえ米国内のサーバーに保存されていたとしても、中国政府によって引き渡しを求められるのではないかと述べている。

シューマー氏とコットン氏は、TikTokの親会社であるByteDance(バイトダンス)が中国の法律を「現在も遵守するように強制されている」と警告している。

「セキュリティの専門家たちは、中国共産党によって搭載されている諜報活動を支援し協力を行うために中国企業たちを縛り付けている、中国の諜報機関、国家安全保障、そしてサイバーセキュリティ法の曖昧なパッチワークに対して懸念を表明している」、と米国時間10月23日に出された書簡で報告されている。「データやその他の活動に対する中国政府の要求を審査する、独立した司法機関がなければ、中国企業がその要求に同意しない場合に、上訴するための法的メカニズムが存在しないことになる」。

おなじ法的原則はどちらの側にも適用される。中国を含む一部の国では、米国政府を利する形でスパイ活動を強要される可能性があるという懸念から、米国企業は排除されるか、アクセスが制限されてきた。

米国政府の大規模な監視活動を明らかにしたエドワード・スノーデンによる暴露の余波で、多くの主要テック企業が、米国政府への協力のおそれから、中国政府の国家承認購買リストから皆排除されたのだ

上院議員たちはまた、このアプリが北京に対して「政治的に影響があるとみなされる」コンテンツを、検閲していることを懸念していると述べている。9月にはガーディアン紙が、アプリのモデレーターが、チベットの独立、天安門広場の虐殺、禁止された宗教団体である法輪功に関連するコンテンツを、積極的に検閲していることを明らかにしている。

また2016年の米国大統領選挙で見られたように、このアプリは外国から影響を及ぼすツールとして使用される可能性があるため、このアプリは「スパイ防止活動」に対する脅威をもたらす可能性があるとも述べている。

私たちの問合せに対して、国家情報局長官のスポークスマンはコメントを返さなかった。

TikTokは、書簡を「慎重にレビューしている」と述べている。「私たちTikTokは、TikTokが米国において信頼され責任ある企業市民であり続けることをまず改めて申し上げる以外に、現時点でこれ以上のコメントをするつもりはありません。もちろん議会や関連する法執行機関との協力は惜しみません」とTikTokの広報担当者Josh Gartner(ジョッシュ・ガートナー)氏は述べている。

[原文へ]

(翻訳:sako)

Source: TechCrunch

AIとロボットオートメーションでタンパク質医薬品の発見に挑むロンドン拠点のLabGenius(ラボジーニアス)が、シリーズAで1000万ドル(約11億円)を調達した。

Lux CapitalObvious Venturesがラウンドをリードし、Felicis Ventures、Inovia Capital、Air Street Capital、さらに既存株主も参加した。Recursion Pharmaceuticalsの創業者兼CEOであるChris Gibson(クリス・ギブソン)氏と、Googleの前CFOで現在はInovia CapitalのゼネラルパートナーであるPatrick Pichette(パトリック・ピシェット)氏も投資した。

Lux CapitalのZavain Dar(ザベイン・ダール)氏とObvious VenturesのNan Li(ナン・リー)氏が、LabGeniusの取締役会に加わる。同社に初期から投資している投資家には、Nathan Benaich(ネイサン・ベナイチ)氏、Torsten Reil(トーステン・レイル)氏、Entrepreneur FirstのMatt Clifford(マット・クリフォード)氏、Philipp Moehring(フィリップ・モーリング)氏がいる。

「LabGeniusは何でもこなすタンパク質エンジニアリング企業だ。AI、ロボットオートメーション、合成生物学を組み合わせ、次世代のタンパク質治療薬を作る」と創業者兼CEOのJames Field(ジェームス・フィールド)博士は語る。

「人間だけがイノベーションの担い手になる時代は終わるという仮説が当社の原動力だ。私はその仮説を確信している。人間の代わりに、経験的計算エンジンと呼ばれるスマートロボットプラットフォームが、新しい知識、技術、洗練されたリアルな製品を生み出す。経験的計算エンジンは、ソリューションスペースを再帰的かつ効率的に検索できる人工システムだ」。

LabGeniusの主力テクノロジー「EVA」は、フィールド氏によれば新しいタンパク質を開発 できる「機械学習主導型のロボットプラットフォーム」だ。「スマートロボットプラットフォームとして、EVAは独自の実験を設計・実施し、批判的に学習することができる」と同氏は説明する。目標は、人間の力だけでは探索が困難な新しいタンパク質治療薬を発見・開発すること。

「サイエンティスト、エンジニア、テクノロジストは何十年もの間、新しい知識、技術、洗練された現実世界の製品を自動で発見できる『ロボットサイエンティスト』の育成を夢見てきた」とフィールド氏は述べた。

「タンパク質エンジニアにとって、その夢は射程圏内に入ってきた。合成生物学、ロボットオートメーション、機械学習の急速な技術進歩により環境は整った。新しい治療用タンパク質を効率的に発見するスマートロボットプラットフォームの構築に必要な技術が手に入るようになった」。

フィールド氏は、EVAの開発を「長期的で野心的な取り組み」として位置づけている。EVAによって、これまで解決不可能だったタンパク質エンジニアリングの課題に対処し、緊急性の高い治療薬を開発できるようになると述べた。

フィールド氏は「私が考えるLabGeniusの最終目標は、世界最先端のタンパク質エンジニアリングプラットフォームを活用した完全統合型のバイオ医薬品会社を作ること。正直なところ、壮大な取り組みだ。世界最高水準の技術を持つ洗練されたタンパク質エンジニアリング事業をすでに確立したが、実現可能なことのほんの一部に触れたにすぎない」と語った。

多くのディープテクノロジー企業が共通して直面している緊張感がある。現実世界の商業的なニーズにしっかり応えるテクノロジーを開発しなければならないというプレッシャーだ。それが最善の開発方法を探す原動力になっている(資金を使い果たす前に探す必要がある!)。 「LabGeniusの場合、創業当初から複雑な商業プロジェクトを受注して、意図的にそれを成し遂げてきた」とフィールド氏は述べた。Tillotts Pharma AGと共同で、炎症性腸疾患の新薬候補を特定・開発する進行中のプロジェクトがある。

フィールド氏は「当社のビジネスモデルは非常にシンプルだ。我々はEVAで新薬の分子を発見し、それを市場に投入できる製薬会社と提携する。パートナーが資金を提供する典型的な早期発見プログラムでは、コンセプトから前臨床前段階までをカバーするプロジェクトを立ち上げる。典型的なディールストラクチャーには、研究開発費、マイルストーン、ロイヤリティといった要素が含まれる」と説明した。

LabGeniusは調達した資金で人員増強、ディスカバリープラットフォームの範囲拡大、「内部資産開発プログラム」開始に着手する。次の目標は、従来の抗体フォーマットでは対応できない状態を扱える新しいフラグメント抗体を開発することだ。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

Source: TechCrunch

パキスタンの浸水した道路を歩く家族。

気候変動の引き起こす異常気象は、世界中で人々の暮らしをより不便にし、脅かしている。

しかしそんな中でも貧困層は、気候変動の害をより直に被るのである。

その結果、貧困層はより貧困に陥り、先進国を含む富裕層はよりいっそう富む。

この社会現象は「気候アパルトヘイト」と呼ばれる。

ここには大きな矛盾が潜んでいる。

つまり、気候変動の原因を作ってきた先進国はそれにうまく対処できる一方で、責任のない貧困層がその被害を受けるのだ。

先進国・富裕層の責任とは何だろうか。

 

気候アパルトヘイトについてもっと知る→「気候変動が生む、新たな『アパルトヘイト』

 

(写真:Asian Development Bank/Flickr)

Source: Global News View

クラウドサービスの一つである「PaaS」を活用することで、自社サービスを簡単に構築することが可能です。しかし、「PaaSはサービスの開発コストがかからないというけれど、どういう仕組みが働いているの?」と思っている方も多いでしょう。

PaaSを活用することで、アプリケーションなどのサービスを簡単に作ることができます。クラウドに関わるインフラを一から構築する必要はないので、うまく活用すれば非常に便利なサービスです。

そこで、クラウドサービスの一つ「PaaS」についてを詳しく説明します。

続きはこちらからご覧ください。

Source: ferret web marketing

ツールバーへスキップ