Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/matomecuhk/jibunkeiei-glabal.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

WeWorkの共同創立者アダム・ノイマン氏は巨額の借金返済のため資産売却か

  • 2019.10.06
  • IT

アダム・ノイマン氏は、WeWorkの日常業務からは離れたかもしれないが、一部の銀行家にとっては、相変わらず同社の精神的なトップに留まっているようだ。

Business Insiderの新たな記事によると、ノイマン氏は、JPMorgan(JPモルガン)、UBS、Credit Suisse(クレディ・スイス)と協議して、WeWorkが株式公開を申請する前にノイマン氏が借り受けた5億ドル(約535億円)の融資の返済期限の変更を検討中だという。WeWorkS-1ファイリングを延期したため、株式を公に売却して融資を返済することができなくなった。そこでノイマン氏は、自らの財産の一部、または他の私財を、その融資に対する担保として差し出さなければならなくなる可能性があると、Business Insiderの情報筋の一人は述べている。

「期限は設定されていません」と、ノイマン氏の広報担当者は語ったという。

これまでのレポートによれば、ノイマン氏は長年にわたって多くの住居、および商用の不動産を取得してきたため、もしそうした状況になれば、手放せるものも多いとされている。

同氏が取得したとされる資産としては、1050万ドル(約11億2000万円)のグリニッジビレッジのタウンハウス、ニューヨーク州ウエストチェスターの農場、先週CEOを辞任する前に家族を退避させたと伝えられるハンプトンの自宅、さらにベイエリアにあるギター型の部屋を備えた2100万ドル(約22億4500万円)の1万3000平方フィート(約1208平方メートル)の住宅などがある。

以前のWSJ(ウォールストリート・ジャーナル)のレポートによれば、ノイマン氏は投資家グループを通じていくつもの商用不動産を購入し、賃貸に出している。中にはWeWorkに貸している物件もあるという。

WeWorkとノイマン氏は、近年JPMorganと緊密な関係を築いてきた。NYTimes(ニューヨークタイムズ)が最近レポートしたところによれば、JPMorganは「値上がりした株を担保としてノイマン氏に個人的にお金を貸し、WeWorkには株式を提供して借金を引き受け、IPOに関するアドバイザーを務め、今や先行きの見えなくなってしまった株式公開のために、60億ドル(約6410億円)にもおよぶ資金の確保を請け負っていた」。

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)

Source: TechCrunch

making_marketing_2596x1078_Kara-Goldin-eye

今回の「メイキング・マーケティング(Making Marketing)」では、フレーバーウォーターのD2Cブランド、ヒント(Hint)の創業者カラ・ゴールディン氏がゲスト。製品から会社を立ち上げること、ひとつのプラットフォームに過度に依存しないこと、新領域への事業拡大などをテーマに議論した。

The post 「すべての卵を、ひとつの籠に入れてはいけない」:フレーバーウォーターのヒント創業者 K・ゴールディン氏 appeared first on DIGIDAY[日本版].

Source: DIGI DAY WEB marketing

ストレージビジネスからレンタルビジネスに転じたスタートアップのOmni(オムニ)が米国時間10月4日に一時解雇を実施していると、状況に詳しい2つの情報筋がTechCrunchに語った。Omniは、オペレーションチームのメンバー7人をすでに解雇した。同社はエンジニアリングチームをCoinbase(コインベース)に売却する交渉を行っている。以前、Thumbtack(サンタック)も関心を示した。

Omniのレンタルビジネスはユーザーを十分集められずお粗末な状況だった。ユーザーは数ドルでテント、自転車、電動ドリルなどをレンタルする。Omniが立ち上げたのは、実店舗を構える小売店がOmniの看板でレンタル事業を始められるプラットフォームだった。

昨年初めに仮想通貨会社Rippleから2500万ドル(約27億円)を調達し、手元現金は潤沢だった。だが以前のビジネスに続いて新しいプラットフォームも低迷し、会社の将来の見込みが悪化することを恐れていた。

同社はエンジニアリングスタッフの何人かをCoinbaseに雇用してもらうよう交渉中だ。Coinbaseは彼らをCoinbase Earnに迎えるとみられる。Coinbase Earnでは、ユーザーがオンライン教育プログラムを完了すると仮想通貨が付与される。今日、Omniの従業員数名がCoinbaseで面接に臨んでいる。Coinbaseの広報担当者は、現在公式に発表するような案件はないとTechCrunchに話した後で、報道が前提なら何も明かせないと加えた。OmniはTechCrunchに声明を出すことを約束したが、口頭で話せることはないと断った。

Omniはオンデマンドストレージビジネスからスタートした。スタッフがユーザーの自宅に荷物を取りに来て、倉庫に持ち帰った荷物にタグを付けて保管する。持ち主はいつでも荷物を自宅に持ち帰ることができる。サンフランシスコで人気を博し、ほかの都市にも展開し始めた。4月には、ユーザーが倉庫に預けた荷物をOmniの別のユーザーに貸し出してお金を稼げる仕組みも導入した。

5月にOmniはストレージビジネスをSoftBankが資金提供するライバルのClutterに売却した。移行手続きは簡単にはいかなかった。ユーザーの中には価格の変更や荷物の配置間違いについて不満を述べたり、突然別のスタートアップが自分の物を管理し始めて驚いた者もいた。

筆者は以前、Omniのストレージサービスを使って満足していたが、Clutterへの移行が失敗して、預け荷物の取り扱い体制への信頼が揺らいだ。筆者が預けていた物が数点どこかへ行ってしまったのだ。経営上層部が乗り出してきて解決はした。

今後はOmni自身で物を保管するのではなく、地域の小売店の店頭でレンタルの貸し出しと返却を行う。ただAmazonで非常に簡単に買い物できるなら、わざわざレンタルしないユーザーも多いだろう。

ある情報筋によると、Omniは内部で協議し、2週間以内にレンタルパートナーにレンタルサービスの停止を通達すると決めたようだが、TechCrunchは確認できなかった。別の情報筋によると、Omniは従業員が今日報道機関と話をするのを必死で止めようとしているという。

物を保管するクラウドストレージの構築や所有権の垣根を超えた物の使用(ユーザー間の物の貸借)に関するOmniのビジョンに魅力を感じ、Flybridge、Highland、Allen & Company、Founders Fund、Precursor、そしてさまざまなエンジェル投資家たちが出資した。しかし、ユーザーの行動を変え複雑な物の動きを管理する取り組みは、むらがある実行力も災いしてうまく進まず、今はソフトランディングを模索中だ。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

Source: TechCrunch

Apple(アップル)は、英国の特殊効果スタジオIKinemaを買収したと伝えられる。Appleは、ARを利用した特殊効果をモバイルデバイスに搭載したり、より広範囲に使えるAR/VRヘッドセット市場への参入を目指していると考えられている。そのための布石となるスタートアップ買収だ。

Appleは、今回の買収について、TechCrunchに対して型通りの回答を返した。「Appleは、折に触れて小さな会社を買収しています。ただしその目的や計画について、いちいち説明するようなことはしていません」ということだ。このニュースは、まずMacRumorsが噂を広めた後、Financial Timesによって最初に報道された。

IKenemaは、モーショントラッキング機能を利用して、デジタルキャラクターの身体の動きをライブアニメーション化した。また、そうした情報を蓄積して、デジタル世界でデジタルキャラクターに本物そっくりの動きをさせるモデルを作成した。これは、特にゲームや、仮想現実のタイトルのコンテキストで有効なもの。

それらのモデルは、やはりスタートアップのRunTimeの製品で注目を集め、Epic GamesのUnreal Engineといったゲームエンジンに組み込まれた。RunTimeは、例えばThe Voidが手掛けたディズニーリゾートのVR体験「Star Wars:Secrets of the Empire」(帝国の秘密)の中でも、アバターの動きの相互作用を生み出す原動力となっている。ほかにも、Capcom Linden Lab、Microsoft Studios、Nvidia、Respawn、Square Enixなどのスタジオが利用している。

RunTimeの技術は、Impulse GearsのPSVRゲーム、「Farpoint」でも利用されている

IKenemaの製品、Orionは、低コストの入力によるモーションキャプチャを可能にするもの。基本的には、頭と手の動きなど、限られた入力をモーションモデルと同期させるというハイブリッドな手法で、本物そっくりな動きを実現できる。この技術は、NASA、Tencentなどのチームによっても、視覚化のために使われていた。

Appleはこの会社の技術に何を期待しているのか?

この技術が確実に役立つと考えられる分野はいくつもあるが、中でももっとも分かりやすいのは、iOSのカメラに特殊なAR効果を組み込むものだろう。カメラが現実世界から収集する空間データと、デジタルARモデルを重ねて表示したりできる。これによって、たとえばARフィギュアのようなものに、現実の階段を上らせたり、椅子に座らせたりすることが、原理的には可能となる。このようなシナリオの場合、IKenemaでは、カメラから得られるコンピュータービジョンのセグメンテーションができないという問題が残る。つまり、テーブルの面と床、それらとソファのクッションを区別できないのだ。それでも、そうした現実空間とデジタルモデルが相互作用できるようになるのは、大きな進歩と言える。

他にはどんな用途が?

Appleにとって、もうちょっと現実的な用途として考えられるのは、この技術をVRやARのアバターの世界で利用することだろう。これまでIKenemaは、モーションキャプチャの分野で多くの業績を積み重ねてきた。それというのも、デジタルで表現された人間が、リアルタイムでデジタル環境とやり取りするためのモデルを設計するという明確な目的があったから。彼らのソリューションは、すでに仮想現実のデベロッパーに利用されてきた。それにより、VRゲーマーが、自分の体をVRの世界に送り込んだ状態を、最小の入力で視覚化できるようになった。

Facebook Horizonの脚のないアバター

通常の仮想現実のシステムでは、位置追跡機能がコントローラーとヘッドセットに内蔵されているため、ユーザーの手と頭の位置だけを認識できる。それに対してIKinemaのソリューション利用すれば、デベロッパーは、ゲーム内に入り込んだユーザーの体の他の部分にも、ずっと自然な動きをさせることが可能となる。これは、実はかなり困難な課題であり、多くのVRタイトルのアバターが、足、首、腕、肩を欠いたものとなっている理由はそこにある。そうした部分に動きがないと、全体の見栄えが著しく損なわれてしまうのだ。

Appleが、ARやVRのデバイスの開発を推し進めたり、GoogleやSamsung製デバイスとの差別化のポイントとして、iPhoneのカメラの強化を目指しているため、同社のコンピュータービジョンに対するニーズは、どんどん高度なものになっていく。

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)

Source: TechCrunch

SNSは今や企業にとって重要な集客チャネルですが、アカウントの運用体制に無理があると思うように継続できなくなってしまう場合があります。SNSはしっかりと練り上げた企画に基づき、スケジュールに沿って継続的に投稿するのが理想的です。しかし、マンパワー不足や別の業務によりSNS運用のために思うように時間を確保できないこともあるでしょう。

このようなSNS運用の負担を軽減する方法の一つがSNSアカウントの連携です。特にInstagramは2019年3月時点で日本国内の月間アクティブアカウント数が3300万を突破したという発表があり、SNS連携を利用して積極的に運用したいところです。

今回は、世界最大のSNSであるFacebookとユーザー数の拡大が著しいInstagramの連携方法をご紹介します。アカウントの連携により、効率的なSNSマーケティングを実現しましょう。

続きはこちらからご覧ください。

Source: ferret web marketing

ツールバーへスキップ