Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/matomecuhk/jibunkeiei-glabal.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

データ分析会社のAlteryxが機械学習アルゴリズムの実装を加速するFeature Labsを買収

  • 2019.10.05
  • IT

上場データ分析企業のAlteryxは、2018年にMIT出身者によって設立された機械学習のスタートアップFeature Labs(フィーチャーラボ)を買収したことを発表した。同社は契約の条件を明らかにしていない。

Feature Labsの共同創業者でCEOのマックス・カンター(Max Kanter)氏は、その創業時にTechCrunchに対して、同社はMITでの研究に基いていると語っている。その研究とは機械学習アルゴリズムの作成の自動化を追求するものだ。「Feature Labsは、ドメイン知識を使って生のデータから機械学習アルゴリズムを動作させるための新しい変数を抽出する、フィーチャーエンジニアリングプロセスを自動化するという点で、ユニークな存在です」とカンター氏は2018年にTechCrunchに語っていた

Alteryxにアピールしたのはまさにこの機能だ。「データサイエンティストとビジネスアナリストの両者が容易に洞察を得て、ビジネスを推進する要因を理解することを助けるという、Feature Labsのビジョンが、AlteryxのDNAとマッチしたのです」と声明の中で語るのは、Alteryxの共同創業者でCEOのDean Stoecker(ディーン・ストーカー)氏だ。同社が2017年に別の機械学習スタートアップYhatを買収し、そのテクノロジーに基づいてその年の後半に、新機能Alteryx Promoteを開始したことにも注目しておく価値がある。

関連記事:Alteryx Promoteは、データサイエンスを会社全体で使えるようにする(未訳)

Feature Labs側は、今回の買収を発表したブログ投稿の中で、カンター氏とチーフデータサイエンティストのAlan Jacobson(アラン・ヤコブソン)氏は、会社の長期目標に適合しながら成長を促すことのできるパートナーを見つけたと書いている。カンター氏とヤコブソン氏はまた、現在のミッションがこの先も継続されることに対して、既存ユーザーを安心させようとしていた。「私たちはこの買収を利用して、オープンソースのデータサイエンスコミュニティと、ドメイン知識を使ってAIと機械学習技法を実装する複雑なプロセスをガイドしてくれる、コード不要のツールを渇望するビジネスアナリストたちの両者に対して、私たちのAIと機械学習の取り組みを拡大する予定です」と彼らは投稿の中で書いている。

Feature Labsは、データサイエンティスト向けのオープンソースライブラリを提供しており、同社によればそれらは35万回以上ダウンロードされている。Crunchbaseのデータによれば、同社はマサチューセッツ州ケンブリッジで2018年に設立され、300万ドル(約3億2000万円)を調達している。同社は引き続きケンブリッジに残り、市内に新しいAlteryxエンジニアリングハブを設立する予定だ。

Alteryxは2017年に、Iconiq Partners、Insight Venture Partners、Sapphire VenturesなどのVC企業たちから1億6000万ドル(約171億円)以上を調達し株式公開を行った。今回で計5回目、今年2回目の買収となる。

[原文へ]
(翻訳:sako)

Source: TechCrunch

Microsoft(マイクロソフト)によると、同社はイランと関連のあるハッカーたちが2020年の大統領選の候補者を狙っている証拠を見つけた。

この巨大テクノロジー企業のセキュリティ部門のトップTom Burt(トム・バート)副社長が、ブログでその犯行を確認しているが、候補者の名前は挙げられていない。

マイクロソフトがPhosphorous(燐光)と呼ぶその犯行グループは、APT 35とも呼ばれ、マイクロソフトの特定の顧客のメールアカウントを見つける試みを2700回以上行った。バート氏によると、これらのアカウントは大統領選や、現在および前の米国政府職員、ジャーナリスト、そして国外に住むイラン人の有名人などに結びついている。

バート氏によると「4つのアカウントはこれらの試みにより侵犯されたが、この4つは米国大統領選や現在および過去の米国政府職員に結びついていない。犯行は8月と9月に行われた」と語る。

犯行グループはマイクロソフトのアカウントに結びついている第二のメールアカウントにアクセスし、そこからアカウントに侵入しようとした、と彼は言う。犯人が、ユーザーの電話番号を集めてそれらを攻撃しようとしたこともある。バート氏によると、犯行は「技術的に高度なものではなく」て、とにかく「大量の個人情報を利用して」アカウント見つけ、攻撃しただけだ、という。

8月と9月の犯行では、マイクロソフトを電子メールプロバイダーとして使っていた大統領選候補者はドナルド・トランプ氏とマーク・サンフォード氏だけだった。

マイクロソフトのレーダーがPhosphorousを捉えたのは、これが初めてではない。同社はこの犯行グループをすでに訴えており、バックにテヘラン(イラン政府)がいると信じている。今年初めにマイクロソフトは、ハッカーたちが水飲み場型攻撃のために使っていたいくつかのドメインを捉えた。そのハッカー集団は、元米空軍対敵諜報職員Monica Wittと関係があったとも信じられている。彼女は2013年にテヘランに逃れ、今ではスパイ行為の疑いでFBIが追っている

この前のハッカーたちの作戦では、YahooやGoogleのログインページに似せた二要素認証を欺くページで、学者やジャーナリストをねらったスピアフィッシング(Spearphishing、特定ターゲットに対するフィッシング)を展開した。

マイクロソフトによると、これまで同社は、国家が背後にいる犯行に関して800件あまりの通知を行った。そのユーザーたちは、政治的キャンペーンを対象とする同社のアカウント監視サービスで保護されていた。

関連記事:マイクロソフトがイランのハッカーのドメイン差し止め命令を連邦裁判所からゲット

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

すでに使いまくっている人も多いかと思うが、本日10月5日はPayPayの20%還元祭だ。消費税が10%になってからPayPayは、最大10%を還元する「まちかどPayPay」というキャンペーンを実施しているが、国が進めるキャッシュレス還元施策との組み合わせのため、大手のスーパーマーケットなどは対象外。しかもキャッシュレス還元対象店舗であってもまちかどPayPayのポスターの掲示がない場合は、最大の10%還元にはならず、意外と使いどころが難しかった。

50回に1回の確率で全額還元もある。こちらの還元上限は10万円だ

一方の20%還元祭は、金融機関の口座からチャージしたPayPay残高で支払うだけでもれなく20%還元を受けられる。1回あたりの還元上限は1000円、1日あたりの還元上限は5000円。さら50回に1回の確率で10万円を上限に決済金額の全額が戻ってくるくじもある。50回に1回の確率で全額還元もある。こちらの還元上限はなんと10万円だ。ソフトバンクやヤフーモバイルの回線、Yahoo!プレミアム会員の入会などの必要なく、20%還元となるほかクジの当選確率もすべての人が50回に1回の確率という大判振る舞いの内容だ。

1回あたりの還元上限は1000円、1日あたりの還元上限は5000円

しかし、20%の還元を受けられないケースもある。まず当たり前だが、1秒でも10月5日より前日、もしくは後日の場合は20%還元とはならない。また、ヤフーカードをPayPayと連携させていて決済に使う設定にしている場合は19%の還元となる。ヤフーカード以外のクレジットカードの場合は、20%還元祭の対象外なので通常の2もしくは5%のキャッシュレス還元しか受けられない。

例外的なのが、10月5日の0時11分から0時27分までの約16分間にPayPayで決済した場合に還元率が1.5%などになっているケースだ。PayPayによるとこれは不具合で、20%還元の条件を満たしている場合は後日きちんとと20%還元が付与されるとのこと。対処法は待つしかないのだが、とりあえず安心だ。

本日はPayPayの利用者が多いせいか、還元付与額がすぐに表示されないケースや、PayPayそのものが使えなくなるケースも出ている。後者の場合は、「支払い画面に進む」をタップしよう。それでもダメなら一度PayPayを終了させて再度起動すると使えることがある。

なお決済確認画面の閉じるボタンの右上にある「>」をタップすると、あといくらまで還元を受けられるか確認できる。

【2019.10.5 19:45訂正】初出時、20%還元が受けられない時間帯の表記に誤りがありました。お詫びして訂正いたします。

Source: TechCrunch

NASAは、特に宇宙服に関して、業界からの情報を求めるという正式なリクエストを発行した。宇宙服の生産と付随するサービスを、外部の業者に委託するための将来の道筋を探ろうと考えている。

これは、宇宙服の設計と生産を、ただちにアウトソーシングするという意味ではない。NASAは、最初のArtemis(アルテミス)ミッションで使う宇宙服を自ら開発し、検証するつもりでいる。実際にArtemis IIIでは、引き続きアメリカ人男性と、最初のアメリカ人女性を月面に送り込む予定となっている。その後のArtemis計画としては、さらにAltemis 4から8まで、5つのミッションが提案されている。そのうちの4つでは、乗組員を月まで運ぶことになっている。

もちろん、すでにNASAは、民間企業だけでなく、学術機関や研究者とも協力して、自らの宇宙服に組み込むべき技術について検討してきた。現在の探査用宇宙服が、将来の設計の基礎となること前提とした上での話だ。しかしその一方で、宇宙服の製造と検査を、その業界のパートナー企業に完全に移管することも視野に入れている。さらに、そうしたパートナーが「宇宙服の進化を促進させる」ことにも期待している。また、現状の宇宙服の設計の改良も持ちかけたいと考えている。

NASAは、宇宙服だけではなく、船外活動の際に宇宙服と組み合わせて使うツールやサポート用のハードウェアに関する情報も求めている。飛行士を運ぶ輸送船の内部や、地球と月面の中継基地となるゲートウェイでも、そうした宇宙服がうまく機能する必要があるからだ。

それからNASAは、宇宙服や宇宙遊泳を、うまく事業化するにはどうすればよいか、といったことについても、多くの企業から話を聞きたがっている。NASAの外部の顧客にも、そうした技術を提供するためだ。

最近のNASAは、Artemisだけでなく、将来の火星探査、現在のISSに関して、さらにISSを事業として企業に引き継いでもらう可能性などについて、より深く業界と提携することに強い関心を示していることが見て取れる。それを考えると、宇宙服についての動きも、まったく驚きではない。NASAが発行した完全なRFI(情報依頼書)は、ここから入手できる。宇宙服のスタートアップを始めたいと考えている人は、見てみるといいだろう

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)

Source: TechCrunch

自動運転車のスタートアップZooxがラスベガスに進出する。同社CTOのJesse Levinson(ジェッセ・レヴィンソン)氏がTechCrunch Disrupt SFで明らかにした。

これまでに8億ドル(約855億円)を調達し、サンフランシスコの公道でテストしてきたZooxは、ラスベガスが自動運転車両とサービスにとってターゲットマーケットだと話した。同社にとってラスベガスは中心的なマーケットとなる。自動運転車両による配車サービス展開を目的に、技術のテスト、確認、改良を行う計画だとレヴィンソン氏は述べた。

Zooxは2019年初めにネバダ州の道路で自動運転車を走行させる許可を州自動車局から得ていた。同社は現在、大ラスベガス地域で新しいルートのマッピングとテストドライブを進めている。Zooxは人を乗せて走ることも許可されているが、今回は実施しないとのことだ。

「今のところ、Zooxはコストに見合わせるために戦略的テストを行っている」とCEOのAicha Evans(アイシャ・エバンス)氏はDisruptでTechCrunchに語った。つまり、Zooxは改造したトヨタのHighlander自動運転車両を期間限定、おそらく6週間かそこらラスベガスに送り込む。同社は改造した車両を30台以上有しているが、うち5台のみを展開している。

時間をおいて段階的にZooxはラスベガスでの走行を拡大する。「公道におけるゼロからの車両のデモを2020年に開始し、そのすぐ後に商業展開となる」と同社は話した。

人口密度が第2位の都市環境でさらに学習する機会となり、またサンフランシスコに比べてさまざまなそしてユニークなユースケースがあることからラスベガスを選んだ、とZooxは話した。たとえば、ラスベガスにはリバーシブルレーン、複雑なピックアップ・ドロップオフゾーン、高温、夜間の活発さがある、としている。

画像クレジット: Zoox

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

Source: TechCrunch

胃がんの発見を支援するAIベースのソフトウェアを開発する東京拠点のAIメディカルサービスは10月4日、シリーズBラウンドで4290万ドル(約46億円)を調達したことを発表した。主な投資家には、グロービス・キャピタル・パートナーズ、WiL(World Innovation Lab)、ソニーイノベーションファンド(Innovation Growth Ventures)がいる。調達した資金により、内視鏡の動画からリアルタイムでがんの兆候を発見するソフトウェアの臨床試験、製品開発、海外展開を進める。

2017年に創業のAIメディカルサービスは、これまでに5700万ドル(約62億円)を調達。2018年8月の前回ラウンドではインキュベイトファンドから900万ドル(約10億円)を調達した。同社のソフトウェアは食道、胃、腸といった消化器のがんの兆候を対象とする。医師などの医療専門家が画像をチェックする時間を削減することが狙いだ。同社は現在、約80の医療機関と共同で製品の薬事承認に向けた研究を行っている。

AIメディカルサービスのCEOである多田智裕医師はTechCrunchにメールで、内視鏡の世界市場は毎年10%成長しており、日本のメーカーは約70%の市場シェアを占めていると語った。 多田氏は成長戦略について、最初は胃がんの発生率が高いシンガポール、タイ、インドネシアなどのアジア諸国に、その後米国とカナダに注力すると述べた。

内視鏡検査では病変の約15〜30%が見逃されるという調査結果もある。AIメディカルサービスの目標は画像診断の精度を高めること。CNN(画像認識に使われるニューラルネットワークの1つ)によって医療画像を分析する同社最初の製品は、まもなく薬事審査における承認申請に入る。

AIベースの内視鏡検査技術に取り組む企業にはai4gi、オリンパス、Shanghai Wision AIなどがあるが、多田氏はAIメディカルサービスの競争相手とはみていないと言う。ai4giやWision AIは大腸内視鏡検査用のソフトウェアを開発しているが、AIメディカルサービスはAIによる胃がんの発見に注力しているからだ。

Globis Capital Partnersの福島智史ディレクターは声明で「近い将来、医師がAIと力をあわせてガンを診断するようになる。その流れは元には戻らないとみている。世界をリードする医療機関と専門家に支えられて、AIメディカルサービスの経験豊富な経営陣が開発を進める内視鏡AIは、世界中の内視鏡医と患者を支援する大きな可能性を秘めている」と述べた。

画像クレジット:Hispanolistic / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

Source: TechCrunch

【抄訳】
PayPalは、Facebookがこの前発表した暗号通貨Libraとその関連団体から公式に脱退する最初の企業になった。

PayPalは次のように声明している。「PayPalは今回、Libra Associationへの今後の参加を見合わせ、誰にでもアクセスできる金融サービスの実現という弊社のこれまでのミッションの前進に引き続きフォーカスすることを決定した。Libraが志望しているものに対しては今後も支持を続け、協力のあり方について対話を維持したい。FacebookはPayPalにとって長年の貴重な戦略的パートナーであり、今後もいろいろな面でFacebookとパートナーしサポートを続けるであろう」。

PayPalのような高名なパートナー候補がこの取り組みから、まだ離陸すらしていない時点で撤退したことは、FacebookとLibra Association(Libra連合)にとって大きな打撃だ。それでなくてもLibraは、最初は協力的だった一部大企業の変心に苦しみ、規制当局などからの否定的な反応(反トラスト問題など)に足を引っ張られていた。このままでは、立ち上げとその後の成長も、思わしくないかもしれない。

これに対してLibra Associationは、PayPalへの対応として、口調は控えめだが厳しい声明を発表した。Facebookは本誌からの質問をこのグループに渡し、直接にコメントすることを控えたようだ。

すなわち、Facebookのスポークスパーソンは「Libraのような意欲的な事業は、ある種の大胆さと気丈さを必要とする。それは正しくより良いやり方で金融サービスへの平等なアクセスを目指す、現世代にとっての重要な機会であり、その旅路は厳しく困難なものになるであろう。金融のシステムを金融機関のものから人びとのものへ変えようとするこの変革努力は、きわめて困難な道のりであり、何よりも必要なのはそのミッションへの献身である。われわれは、この献身の欠如について、あとからではなく今知りたいと願っている」とコメントしている。

【中略】

今週初めのウォール・ストリート・ジャーナルの記事は「MastercardやVisaなどの企業がPayPalに倣ってLibraプロジェクトから撤退するかもしれない」と報じている。これに関しVisaのCEOであるAl Kelly(アル・ケリー)氏は公式声明で「規制やそのほかの問題が阻害要因にならないかぎり立ち位置は従来と変わらない」と語った。

【後略】

関連記事:議会証言でFacebookのデジタル通貨の欠陥が明らかに(未訳)

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

今週サンフランシスコで開催されたTechCrunch Disrupt Battlefieldに出場したOrbit Fab(オービットファブ)が、300万ドル(約3億2000万円)のシードラウンドをクローズした。Type 1 Ventures、TechStarsなどが出資した。Orbit Fabは宇宙空間でのロボットによる燃料補給技術で勢いに乗っており、今回の資金がさらに後押しする。

今年初めに達成したあることから、Orbit Fabという名前を覚えている人もいるかもしれない。国際宇宙ステーションに水を供給した最初のスタートアップになったのだ。それ自体も成果だが、軌道上の人工衛星に燃料補給する技術にも使えることを実証する結果となった。人工衛星に燃料を補給できれば商業衛星ビジネスに与える影響は計り知れない。高価な人工衛星の運用寿命を大幅に延ばすことができるからだ。利益率が上がり、収益性の高いビジネスになる。

共同創業者のDaniel Faber(ダニエル・フェイバー)氏とJeremy Schiel(ジェレミー・シエル)氏は創業前から業界では旧知の仲で、2人とも15年以上宇宙技術ビジネスでリーダーシップを発揮する立場にいたこともあり、Orbit Fabは創業後1年も経たないうちに宇宙で使える技術を実証できた。CEOのフェイバー氏とCMOのシエル氏は、Deep Space Industriesで出会った。フェイバー氏が同社のCEO、シエル氏は契約社員だった。

シエル氏はインタビューで「後日再会することになって、この産業を進化させるビジネスモデルをいくつか真剣に検討した。業界の動きとも歩調があっていて実際に顧客がついたのは衛星の燃料補給ビジネスだった。Elon Musk(イーロン・マスク)はロケットを再利用可能にしつつある。いよいよ人工衛星も再利用する時代が来たと思った」と語った。

2人は2018年1月に会社を設立して早速取り組み始めた。その後、同年6月にOrbit Fabにとって最初のラウンドとなるプレシードラウンドでサンフランシスコのBoltから投資を確保した。契約も2つ獲得した。NASAと国際宇宙ステーション国立研究所からだ。

「およそ4カ月半で燃料補給試験機に飛行適格かつ有人レベル(人間を運ぶに足る安全性)の評価をを得た。2018年12月と2019年3月に国際宇宙ステーションに飛ばした2つの試験機をNASAが評価した」とシエル氏は述べた。

なぜそんなに早くできたのか? フェイバー氏はリードエンジニアのJames Bultitude(ジェームズ・バルティテュード)氏の功績によるところが大きいと言う。国際宇宙ステーションに5つのペイロード(航空宇宙における貨物や旅客)を運んだ実績を持つ熟練した宇宙技術者だ。

「彼はペーパーナプキンに描いたプロジェクトのアイデアを4ヵ月半でハードウェアとして実現した。すべてがNASAの有人レベルの安全基準に適合していた。偉業だとしか言いようがない。NASAに急いでもらう必要があった」とフェイバー氏は語った。

  1. Orbit3

  2. Orbit4

  3. Orbit5

  4. Orbit6

  5. Orbit7

  6. Orbit8

  7. Orbit9

  8. Orbit10

  9. Orbit11

  10. Orbit12

 

フェイバー氏は、Orbit Fabの成功理由として米国の宇宙機関を動かす能力を挙げ、こんな話をした。National Lab(国際宇宙ステーション米国国立研究所)が予定していた宇宙機への試験貨物積載を中止しようとした際、Orbit Fabはその週末にNASAの最上層部に掛け合い承認を得て何とか飛行にこぎ着けた。

スタートアップとしてNASAと仕事をすることに関してフェイバー氏は「様相が変わってきた。NASAは若い企業やスタートアップと仕事をすることに前向きになっているし、適応もしている。それが今までとは異なるイノベーションを現場にもたらしている」と述べた。

「NASAと電話していると変化がはっきりわかる。彼らの変化を電話越しに感じ取ることができる」と彼は言う。

Disruptのステージで、Orbit Fabは燃料補給用のロボットコネクタのデモを初めて行った。構想はこうだ。メーカーが標準的なノズルを人工衛星の設計に組み込む。ロボット給油機がノズルを探し出し、カプラーを介してしっかりと人工衛星と接続し、推進剤を注入する。

Orbit Fabはすでに、Northrop Grummanを含むパートナーと協議を始めている。衛星関連のロボットサービスとメンテナンスの業界団体であるRendezvous and Servicing Operations(CONFERS)のメンバーにもなっている。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

Source: TechCrunch

選抜された20社のスタートアップが2日間の熾烈な戦いを繰り広げ、今年の勝者が決まった。

Startup Battlefieldは競争の激しいピッチコンテストなので、参加を申し込んだ時点ですでにふるいにかけられる。そして選ばれた20社が複数のVCグループとテクノロジー業界のリーダーたちの前でプレゼンテーションを行い、10万ドルの賞金と優勝カップを争った。

審査員たちは何時間も評議し、その後TechCrunchが彼らのメモを集めて検討し、5社に絞り込んだ。決勝に進んだのは、OmniVisOrbit FabRenderStrattyX、そしてTrapticだ。

これら5社のスタートアップが、新しい審査員団の前で決勝のデモを披露した。審査員は、Kleiner PerkinsのMamoon Hamid(マムーン・ハミッド)氏、Sound VenturesのAshton Kutcher(アシュトン・クッチャー)氏、SequoiaのAlfred Lin(アルフレッド・リン)氏、Lumi LabsのMarissa Mayer(マリッサ・メイヤー)氏、Floodgate VenturesのAnn Miura-Ko(アン・ミウラ-コー)氏、そしてTechCrunch編集長のMatthew Panzarino(マシュー・パンツァリーノ)だ。

優勝:Render

Renderは、マネージドクラウドのプラットホームを開発。同社は、AWSやAzure、GCPなど従来のクラウドプロバイダーとは異なるサービスを目指し、特にデプロイの自動化やHerokuを思わせるアプリケーション管理の抽象化などによる、より管理の容易なインフラストラクチャを提供している。

Renderの詳しい記事

準優勝:OmniVis

OmniVisは、コレラなどの病原体の検出を妊娠検査のように迅速かつ簡単、そして安価にチェックできる。スマートフォン上での検査なので、大量の人命を救えると期待されている。

OmniVisの詳しい記事

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

journalist-1-eye

ここ数年間、多くの異なる危機がメディア業界で噴出した。今後の暗い見通し、そして業界の人々の決意がどんどんと弱くなってきていることは、あまり深堀りされない側面だ。10年に渡り、常に変化が続いてきた。そして次に何が起きるか確定したものはない。これによってレポーターたちの失われた一世代を生み出した。

The post 失われた10年、ジャーナリスト たちが歩んだ「茨の道」:「すべてが完全に変わってしまった」 appeared first on DIGIDAY[日本版].

Source: DIGI DAY WEB marketing

米国の重要なインフラの保護を業務とする高官の1人は、米国におけるセキュリティプロの不足は国家サイバーセキュリティにとって大きな脅威だと話している。

国土安全保障省のサイバーセキュリティ・インフラ安全総局(CISA)のアシスタントディレクターであるJeanette Manfra(ジャネット・マンフラ)氏がTechCrunch Disrupt SFに登壇し、当局が新たなサイバーセキュリティプロのトレーニングを優先していると述べた。

「政府機関、民間セクターに関係なく、人材がいないというのは国家的な安全リスクだ」とマンフラ氏は述べた。「かなり不足していて、今後さらに深刻になる」。

国土安全保障省はすでに対策を取り始めている。デベロッパー候補が就学と同時に受けられるカリキュラムづくりに着手している。「我々はK-12(初等・中等教育の13年間)カリキュラムに多くの時間を費やしてきた」とマンフラ氏は語った。

当局はまた、テック産業の戦略にも目を向けていて、いかに人材をリクルートしてキープするかの後段階にくる新たな従業員トレーニングプログラムを開発している。

同氏にとって、テックコミュニティと政府機関がより緊密に連携し、国家の重要な資産を守るという務めを果たすことが大事だ。これを実行する最も効果的な方法が、サイバーセキュリティ当局とテック企業の間に回転扉を設けることだ。これは、例えばバックドアなど、民間企業が守りたいものと、政府が公開を望むものの間に横たわるギャップを考えたとき、プライバシー専門家と民間企業の神経を逆撫でするかもしれない。しかしマンフラ氏は緊密なコラボレーションが大事と語る。

同氏は、民間企業に移る前に政府で3〜5年働くサイバーセキュリティのプロに政府が奨学金を出すことを描いている。「この奨学金は、我々が目的に向かって取り組もうとしているセキュリティ面において、共有すべき経験を持つ人々のコミュニティを構築する」と語った。

国土安全保障省にとっての優先事項は、州や市町村といった自治体など最も攻撃されやすい機関、または公共インフラの維持をタスクとする民間企業が自衛することができるよう、テクノロジーのコストを下げることだ。こうした自治体機関や企業は連邦政府ほどの予算がない。

「自治体機関が十分な予算を持つようになれば、それらの多くが好きに使えるリソースを持つことになる。だが、現状では大半がそうではない」と話した。「(なので)より安全なソリューションを構築するために、我々がいかにマーケットと、特に産業のコントロールシステムに取り組むかにかかっている」

また公的機関には果たすべき役割があるとも語った。米国が念頭に置いているのは実際のテクノロジーのインフラだけではなく、米国機関に対する全体的な信用だ。これはロシアが2016年の選挙に干渉しようとしたことが明らかになったことが影響している。

「こうした取り組みは立ち直りの早い、理解のある社会を構築することにもなる。これに反対する人は、自治体などに対する信用をいかに操作できるかを習得している」と話した。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

Source: TechCrunch

十分に高い高度に上ってしまえば、自律運転車を悩ませる歩行者や交通渋滞のような、多くの障害について心配する必要はなくなる。それこそが、Googleの自律運転チームの創業者であり、飛行機スタートアップKitty Hawk(キティ・ホーク)のCEOに転じたSebastian Thrun(セバスチャン・スラン)氏が、米国時間10月3日にTechCrunch Disrupt SFのステージ上で、真の自律性は路上よりも先にまず空中で成功するだろうと口にした理由だ。

「自律運転車を完成させる前に、自律飛行機を成功させることになると私は信じています」とスラン氏はTechCrunchのコロセック記者に対して語った。

 

その理由は?「少しばかり空中を上ると、子どもや、自転車、そして他の車などに衝突しないようにする難しさが全て消えてしまうのです。建物を超え、木を超えて、ヘリコプターのように飛んでいくのです!」とスラン氏は説明したが、個人用ヘリコプターはあまりにも喧しいので、カリフォルニア州ナパのような場所では禁止されていると指摘した。

スラン氏によるこうした表明は、都市がどのように計画され、不動産が購入されるかについて広い影響を及ぼす。自律運転車専用道路車線が必要になるよりも早く、より多くの垂直離陸ヘリパッドが必要になるのかも知れない。カリフォルニア州ビッグサーのように、そこに行くためには曲がりくねった道が1本しかないような森林内にある多くの遠隔地が、突然アクセスしやすくなって、都市やオフィス自律飛行機で通うことのできる富裕層にアピールするかもしれないからだ。

また、このコンセプトは、スタートアップ業界にも広範な影響を与える可能性がある。明らかに、スラン氏自身の会社であるKitty Hawkは、早すぎることのない市場投入による恩恵を受けるだろう。本日Kitty Hawkは、超静音設計のHeaviside機を発表した。もし予言が実現した場合には、垂直離陸機に投資しているUberは、Lyftや他の車に焦点を当てている配車プレイヤーたちよりも良い位置を占めることになるだろう。

その垂直上昇機が禁止されないように、そしてより多くの自律飛行を確保されるように、最近Kitty Hawkは、元FAA管理官のMike Huerta(マイク・ウエルタ)氏を顧問として迎え入れた。

そしてスラン氏は、自動車はさまざまな道を経由して移動する必要があるが、空中では「直線的に移動するので、Teslaに比べて1マイルあたりのコストは3分の1くらいになるだろうと考えています」と語った。また、共有されるUberPoolスタイルのフライトなら、エネルギーコストは「1マイルあたり30セント(約32円)」まで下がると彼は予想している。

しかしその一方で、スラン氏は、私を含め人びとに「フライングカー」(Flying Car)という言い方を止めさせたいと考えている。「私は個人的に『フライングカー』という言葉が好きではないのですが、何しろそれはとてもキャッチーです。技術用語としてはeVTOLと呼ばれます。これらは通常は、電気を使って飛行する機体で、垂直に離陸と着陸を行うことができます。このため空港は必要ありません。そして、それらはほぼ普通の飛行機のように飛びます」。その言葉が実際のものになるのか、そして道路が狭くなるまえに空がより混雑するようになるのかを見極めることにしよう。

Kitty Hawk Heaviside starry night

[原文へ]

(翻訳:sako)

Source: TechCrunch

WeWorkは、一時は470億ドル(約5兆182億円)の価値があると言われたコワーキングビジネスだが、今月にも大規模なレイオフを予定しているという。Bloomberg(ブルームバーグ)が報じた。これは、同社が最大5000人分の職を削減するつもりであるとの報道に続くもの。同社の全従業員の3分の1に相当する数だ。

WeWorkは現在、2020年に100億ドル(約1兆677億円)という低い評価額で上場すると予想されている。報道によれば、土壇場での現金注入についてJPMorgan(JPモルガン)と交渉中で、延期となってしまったIPOによって得られたはずの資金に代えようとしているという。今となっては教訓めいた話だが同社はこの数週間に渡り、銀行とも協力して損失を出し続けている事業の恐ろしく高額なコストを削減しようとしてきた。

レイオフの可能性があるというニュースは、共同創立者兼CEOのAdam Neumann(アダム・ノイマン)氏が辞任し、創業9年になる同社が、かなり期待の高かった新規株式公開を延期してから、ほぼ2週間後に届いた。ノイマン氏は現在、同社の非執行会長に退き、WeWorkの元の副会長のSebastian Gunningham(セバスチャン・ガニンガム)氏と、社長兼最高執行責任者のArtie Minson(アーティ・ミンソン)氏が経営を引き継いでいる。

こうして窮地に立たされている同社は、ウォール街の懐疑的な人々を満足させるのに、悪戦苦闘してきた経緯がある。ウォール街は、目の飛び出るような同社の高評価に困惑していたのだ。ニューマン氏の辞任以来、WeWorkはコスト削減のための取り組みをいくつか開始しており、これまでに買収した会社の売却も検討していると言われる。例えば、Managed by Q、Conductor、Meetupといった会社が、その対象として挙がっている。

レイオフは、収益性を確保するための明確な道筋を切り開こうとする企業にとって当然の手段であり、同社が2020年にIPOを目指すならもはや不可避だろう。今後、いつかの時点で浮上するためには、結局のところWeWork自らが言う「世界の意識を持ち上げる」ことが利益につながると証明する必要がある。

WeWorkは、8億ドル(約854億円)を上回る株式発行および借入による資金調達の後、異例なIPOの目論見書を8月に公開していた。6月30日までの6カ月間に、約10億ドル(約1068億円)もの損失を計上するような財務状況にもかかわらず、同社は470億ドル(約5兆182億円)という高い評価額まで積み上げることができていた。それも、ノイマン氏個人の資金調達能力の高さを示すものだった。

「WeWorkの共同創立者として、私はこのチームと、この10年で築いてきたとてつもなく素晴らしい会社を誇りに思っています」とノイマン氏は辞任を明らかにする際の声明で述べた。「当社のグローバルなプラットフォームは、現在世界29カ国の111都市に拡がり、毎日52万7000人以上のメンバーにサービスを提供しています。当社のビジネスは、かつてないほど強力なものになったものの、ここ数週間、私に向けられた監視の目が、大きな障害となってきました。そこで、最高経営責任者の職を辞することが、会社として最大の利益になると判断したのです。この偉大なビジネスを信じ続けてくれている私の同僚、私たちのメンバー、家主パートナー、投資家のみなさんに感謝します」。

WeWorkはコメントを拒否した。

( function() {
var func = function() {
var iframe_form = document.getElementById(‘wpcom-iframe-form-05a3a17706c62992aa4e4856ef9b3f10-5d97daffd1b99’);
var iframe = document.getElementById(‘wpcom-iframe-05a3a17706c62992aa4e4856ef9b3f10-5d97daffd1b99’);
if ( iframe_form && iframe ) {
iframe_form.submit();
iframe.onload = function() {
iframe.contentWindow.postMessage( {
‘msg_type’: ‘poll_size’,
‘frame_id’: ‘wpcom-iframe-05a3a17706c62992aa4e4856ef9b3f10-5d97daffd1b99’
}, window.location.protocol + ‘//wpcomwidgets.com’ );
}
}

// Autosize iframe
var funcSizeResponse = function( e ) {
var origin = document.createElement( ‘a’ );
origin.href = e.origin;

// Verify message origin
if ( ‘wpcomwidgets.com’ !== origin.host )
return;

// Verify message is in a format we expect
if ( ‘object’ !== typeof e.data || undefined === e.data.msg_type )
return;

switch ( e.data.msg_type ) {
case ‘poll_size:response’:
var iframe = document.getElementById( e.data._request.frame_id );

if ( iframe && ” === iframe.width )
iframe.width = ‘100%’;
if ( iframe && ” === iframe.height )
iframe.height = parseInt( e.data.height );

return;
default:
return;
}
}

if ( ‘function’ === typeof window.addEventListener ) {
window.addEventListener( ‘message’, funcSizeResponse, false );
} else if ( ‘function’ === typeof window.attachEvent ) {
window.attachEvent( ‘onmessage’, funcSizeResponse );
}
}
if (document.readyState === ‘complete’) { func.apply(); /* compat for infinite scroll */ }
else if ( document.addEventListener ) { document.addEventListener( ‘readystatechange’, function(){
if (document.readyState === ‘complete’) {
func.apply();
}
}, false ); }
else if ( document.attachEvent ) { document.attachEvent( ‘onreadystatechange’, func ); }
} )();

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)

Source: TechCrunch

Harness(ハーネス)のCEOで共同創業者であるJyoti Bansal(ジョーティ・バンサル)氏は、ソフトウェア開発チームのパフォーマンスを計るツールがないことに日頃から不満を感じていた。Harnessは継続的デリバリーをサービスとして提供するツール(Continuous Delivery as a Service)だが、同社の最新製品であるContinuous Insightsは、彼のその不満を解消し管理職が自分のチームのパフォーマンスを正しく知るためのツールだ。

バンサル氏によると、以前から測定なくして改善なしという管理のための格言がある。そしてContinuous Insightsは、エンジニアリングの実効性を計る方法だ。彼は 「人々はソフトウェアのデリバリー工程の良否を知りたがるし追跡調査もしている。Continuous Insightsは、そのためのツールだ」と説明する。

彼によると、パフォーマンスのビューが何週間も何カ月ものデータを引っ張り出さなくても得られるツールはこれが初めてだ。「現在のパフォーマンスを知るためのデータはどうやって得るのか。ソフトウェアのデリバリーはどれだけ速いのか。どこにボトルネックがあるのか。これらに関しては現状では十分な可視性がない。Continuous Insightsは、エンジニアリングのチームがソフトウェアのデリバリーのパフォーマンスを明確に測定し追跡することを、カスタマイズ可能なダッシュボードによって極めて容易にした」と彼は主張する。

Harnessは、DevOps Research and Assessment(DORA)が彼らの本であるAccelerate日本語訳)で定義している4つの重要な測度を計る。それらは、デプロイの頻度、リードタイム、平均回復時間、そしてエラーの変化率だ。バンサル氏は「これらの数字の良い組織はイノベーションの能力でもほかより勝っている」と主張する。逆にこれら4つの測度の悪い企業は市場の後尾を走ることになる。

ContinuousInsights 2

画像提供: Harness

バンサル氏によると、これら4つの領域の測定は、パフォーマンスを調べる方法であるだけでなく、数値を上げることがチーム間の競争になるとゲームの要素が入ってくる。エンジニアリングがもっともデータドリブンな組織だ。といくら言っても、彼によるとこれまではそのためのツールを欠いていた。彼は、Harnessのユーザーが、やがてこの種の厳格さをエンジニアリングに導入することを期待している。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

検索エンジンで上位表示を狙うためには、サイトマップを作成することが大切です。しかし、サイトマップの作成方法はおろか、それ自体を詳しく理解していない人も多いのではないでしょうか。

確かに、数あるSEO対策の中でもサイトマップの作成は重宝されるのものではありません。逆にサイトマップの作成がSEOに影響するということを知っている人の方が少ないくらいです。

そこでこの記事では、サイトマップとは何か、SEOにどんな影響を与えるのかを説明します。また、サイトマップの作成方法も合わせて紹介します。

続きはこちらからご覧ください。

Source: ferret web marketing

ツールバーへスキップ