Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/matomecuhk/jibunkeiei-glabal.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

愛育病院での妊婦生活と出産②

愛育病院で心音を確認。

自分の体内で心臓がもう1つ動いてるなんて、とても不思議な感覚でした。

妊婦検診って、お腹にゼリー塗ってエコーの機械をスリスリしてやるもんだと思ってました。

それって妊婦生活最後の数ヶ月で、それまでは内診といって、カメラを直接膣に入れて様子見るんです…

知らなかった( ´_ゝ`)

産婦人科に行ったことがある方なら分かると思いますが、椅子が自動で両足開くんですよね。慣れるまでちょっと抵抗ありました。

妊娠初期の一般的な悩みといえば、

「悪阻(つわり)」ですよね。

参考にならなくて申し訳ないのですが、私まったくなかったんです。

過去の日記読み返して、当時の心境を思い出したのですが、

悪阻が無さすぎて、赤ちゃんがちゃんと成長してるのか不安ということでした。

悪阻で辛い思いをしてる人からしてみれば、なんて能天気な悩みなんだろうって感じですが、

「一般的」にあるといわれてるものがないと心配になるものです。

当時はひたすらに

「悪阻ない 心配」

なんてキーワードでネットサーフィンしてた気がします。

余談ですが、知り合いの統計によると、飲み会慣れしてる人は悪阻が少ないwとか…笑

二日酔いで気持ち悪いのに慣れてるから、悪阻を悪阻と感じないんじゃないか説

まぁ冗談ですけど

妊娠初期、中期は1ヶ月に一回しか検診がないので、本当に毎日不安だったなー。

とにかくアプリで、今赤ちゃんがどんな状態なのかチェックしてました。

その時に使っていたアプリは

「カラダのキモチ ベビー」https://wmhc.jp/ce/baby/

妊活中使っていた「カラダのキモチ」はベビーを授かると、続きで「カラダのキモチ ベビー」が使えるのです。

毎日、朝の通勤電車の中で今日の赤ちゃんの様子を確認するのが楽しみでした。

imako

ツールバーへスキップ