Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/matomecuhk/jibunkeiei-glabal.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

アップルは子ども向けのiPhoneアプリの広告とサードパーティ製トラッカーを規制

  • 2019.06.08
  • IT

Apple(アップル)はデベロッパーに対して、子ども向けのアプリにサードパーティ製のトラッカーを埋め込むことをやめるように通達した。従わなければ、そのデベロッパーのアプリはApp Storeから削除される。

Appleは、米国時間6月3日に開催されたWWDCの基調講演の後、App Storeの「子ども向け」カテゴリとして提供されるアプリのガイドラインを、こっそりと改定した

「子ども向けカテゴリのアプリには、サードパーティの広告や、分析ツールを含めることはできない」と新しいガイドラインは示している。以前のガイドラインは、広告に対するユーザーの行動を追跡することのみを規制していた。

Appleは現在、子ども向けカテゴリのアプリに、アプリの外部に向けたリンクや、アプリ内購入の機能を含めることも禁止している

Appleは、最近のマーケティングキャンペーンで、「iPhone内で起こることはiPhone内にとどまる」と主張した。それについて批評家は、正確ではないと指摘している。多くの場合、アプリには広告やトラッキングコードが含まれていて、アプリのメーカーは各デバイスの情報を収集できる。その中には、位置情報やその他のデータが含まれていて、サーバーに転送するようになっている。そうした情報から、アプリ会社はユーザーに合った広告を流したり、アプリがどのように使われているかを学習したりすることができるのだ。

先週、ワシントンポストは、1週間の間に5400を超えるアプリのトラッカーが、iPhoneからデータをアップロードしていることを発見しました。iPhoneの利用者が眠っている夜中の時間帯にもだ。

今年の初めのTechCrunchの調査によると、いくつかのアプリは、いわゆるセッションリプレイ技術を利用していた。それは分析ツールの一種で、アプリが動作中の画面を録画するものだ。Expedia、Hollister、Hotels.comの各社によって開発されたアプリは、Appleが定めた規則に違反していることが判明した。そうしたデベロッパーは、該当するコードを削除するよう指示された。

これに関してAppleは、Googleの後を追ったかたちだ。先週Googleは、Google Playから入手できるAndroidの子ども向けアプリに関する新しいポリシーを設定したこの動きは、FTC(米連邦取引委員会)からの告発に対応するものだった。それは、20を超える消費者擁護団体が、Googleはアプリが、子供のプライバシーを保護する連邦法を確実に遵守するための対策を怠っている、と告発したことに端を発するもの。

Appleの新しい規制のおかげで、少なくとも子供たちは、iPhoneデータのプライバシーを守るために戦うチャンスをようやく手にしたことになる。

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)

Source: TechCrunch

ユーザーが3億以上いるインド最大のビデオストリーミングサービスHotstarは、米国時間6月7日にApple(アップル)のSafariブラウザーのサポートを停止して、同プラットホームの未認証利用を許してしまう(Hotstar側の)セキュリティの欠陥を回避した。本誌TechCrunchの、この件に詳しい2つの情報筋がそう言っている。

この問題が明らかになったのは、偶然にも何百万もの人びとがクリケットのワールドカップ戦を見ているピーク視聴時だった。そしてこのストリーミングサービスを提供しているStar India社は、ディズニーが買収した20世紀フォックスの傘下なのだ。

SafariでHotstarを見られないという苦情が殺到し始めると、同社の公式サポートはApple側の「技術的制約」が原因と断定した。「その制約はSafariのものであり、弊社には何もできない」と同サポートは金曜日の夜にツイートした。

Hotstar側の情報筋はTechCrunchに、サポートの言い方は正確でないとコメントした。実際に起きたのは、同社の技術者が未認証ユーザーがHotstarのコンテンツにアクセスするために使っている(Hotstar側の)セキュリティホールを見つけたことだ。

Hotstarはその欠陥へのパッチを急ぎ、Safariのサポートを再開するつもりだとその情報筋は言っている。

そのセキュリティホールはSafariのデスクトップとモバイルのブラウザーからのみ悪用できる。Hotstarのウェブサイトは、ChromeやFirefox、またはそのモバイルアプリからサービスにアクセスすることを勧めている。この件に関し、Hotstarはコメントを拒否した。

HotstarはインドでNetflixやAmazon Prime Videoと競合しているが、ユーザー数と視聴数では断トツで先頭を走っている。先月は、クリケットの実況中継がビューワー数1800万件を突破した、という世界記録を発表した。

画像クレジット: SAEED KHAN/AFP/Getty Images

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

1年前にWalmart(ウォルマート)は、パーソナルショッピングサービスのJetBlackをニューヨークで立ち上げた。そして米国時間6月7日の発表によると、JetBlackの顧客の3分の2が週ベースでこのサービスを利用し、平均して毎月1500ドル(約16.2万円)の買い物をしている。ただしそれらの顧客は全員がWalmartやその子会社Jet.comなどで買い物をしているわけではない。JetBlackは独立のeコマース企業であり、Walmartが育成した。そして、いろんなリテイラーからの商品を配達している。

実際のところ、JetBlackが扱っていないのは、生鮮とアルコール、大麻由来製品、タバコ、処方薬、そしてレンズだけだ。

Walmartがインキュベートしたこのスタートアップは、ショッピングにコンシエルジュを絡ませてeコマースを会話型にする実験であり、顧客はリクエストをテキストメッセージで送り、そしてWalmartやJet.com、そのほかの地元リテイラーからの商品推奨を受け取る。会費は月50ドルでAmazon Primeよりも高いが、本格的な高級コンシエルジュサービスのHello AlfredMagicなどよりは安い。これらは、JetBlackがデビューする数か月〜数年前から注目されている。

Walmartによると、このサービスは、オンラインショッピングの利便性と専門知識を持つエキスパートの個人的アシスタントを組み合わせて、都市の忙しい核家族に効率的なショッピング方法を提供する。

JetBlackは、Rent the Runwayの共同創業者であるJenny Fleissらが創り、WalmartのインキュベーターStore No. 8のインキュベート事業に参加した。インキュベーターを立ち上げてから数か月後の2018年9月にWalmartは、The Wall Street Journalの取材に対し、JetBlackの会員は毎週平均300ドルの買い物をしている、便利なサービスだから買い物の頻度も上がる、と言っている。2019年3月では、毎週の買い物品目数が10以上だが、そのうちいくつがWalmartの商品か、という内訳は公表されていない。

米国時間6月7日はWalmartの株主総会だったが、JetBlackに関する話は少なかった。平均買い物額が増えたことだけが、言及された。

Walmartの国内eコマース部門のCEOであるMarc Lore氏は「JetBlackは会話型コマースに活気をもたらした」とコメント。。そして彼は、eコマース関連の最新の数字を「どれも顧客のおかげ」と述べた。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

国連の研究員たちが、わずか8ドル足らずの費用とMLモデルの13時間の訓練により、国連総会のスピーチのそっくりさんを作るプログラムを開発した。

MITのTechnology Reviewに載ったその研究は、これもまた、今がディープフェイク(deepfake)の時代であることを示唆する例の一つであり、テキストの贋作がビデオの贋作に劣らぬ脅威でありうることを示している。簡単安価に作れるから、ビデオよりも始末に負えないかもしれない。

偽の国連スピーチを作り出すために使ったAI実験の結果

研究員のJoseph BullockとMiguel Luengo-Orozは、1970年から2015年までの間に国連総会で行われた政治家たちのスピーチの、英語による書き起こしを使って、機械学習のアルゴリズムのためのタクソノミー(分類集)を作った。

その目標は、気候変動やテロなどさまざまな話題に関するスピーチの形をしたテキストを生成できる、言語モデルを訓練することだった。

彼らのソフトウェアは、タイトルとなる話題のあるセンテンスを一つか二つ与えるだけで、一つの話題につき50から100ワードのテキストを生成できた。

目標は、一般的な話題でも、あるいは国連事務総長が行った特定の声明でも、それらをもとに本物そっくりのスピーチを作れることを示すこと。そして最終的には、そのソフトウェアが政治的に微妙な話題に関してはスピーチに脱線(主題からの逸脱)を含めることができるか、確認することだった。

やや安心できるのは、一般的で抽象的な主題ほど、アルゴリズムは良い仕事をしたことだ。総試行回数のおよそ90%は、プログラムが国連総会のスピーカーの一般的な政治的話題に関する本物の演説草稿と見紛う、もしくは特定の問題に関する事務総長のスピーチとそっくりな、テキストを生成できた。移民や人種差別などのきわどい話題に関しては、ソフトウェアは脱線をうまく扱えなかった。それは、データがその種のスピーチ発話を実効的に模倣できなかったからだ。

そして、これらの結果すべてを作り出すためにソフトウェアが要した時間は13時間、所要費用は7ドル80セントだった。(訳注: レポート原文より…The language model was trained in under 13 hours on NVIDIA K80 GPUs, costing as little as$7.80 on AWS spot instances. AWSのGPUインスタンスをスポットで使ってモデルを訓練している。)

このソフトウェアの作者たちは、テキストのディープフェイクが現実の政治に及ぼしうる影響について次のように述べている:

AI技術の普及と偏在化により、それがもたらす問題も一層複雑になっている。しかも往々にして、それらがあまりにも複雑で理解も容易でないため、そのもたらしうる危険な影響に対して多くの人びとが無関心になっている。しかしながら私たちは、普通の人間のレベルでこれらのリスクの重大性が確実に認められるよう、努めなければならない。AIに対する法と規制が緊急に必要であり、それによりリスクと危害の可能性を制限しなければならない。このことを念頭に置きつつ、この研究の意図は、AIによるテキスト生成が平和と政治的安定にもたらしうる危険性に関して、認識と意識を喚起することであり、科学と政治の両分野における、これらの問題への今後の取り組みを示唆し推奨することである。

画像クレジット: Damien Meyer/AFP/Getty Images

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

パリ市にとって、キックスクーターはもう十分すぎる。現在、パリでは12もの(そう、12もだ)スタートアップがキックスクーター事業を展開している。Le Monde紙が報じたように、パリのAnne Hidalgo市長は記者会見で、キックスクーター事業を規制すると発表した。

一つには、あまりにもキックスクーターのスタートアップが多すぎるのだ。BirdBoltBolt by Usain BoltCircDott HiveJumpLimeTier VoiUfo、そしてWind。それらは全ておかしな名称で、同じ名前の異なる会社(Bolt)もある。

パリ市は23社に操業許可を出す計画だ。フランス政府は現在モビリティ法の制定に取り組んでいる。議会が法案を可決した後にパリ市は企業を選ぶ計画だ。選定作業の一環として、パリ市はサービスを展開する企業が壊れたスクーターを修理し、数週間で廃棄することがないかといった持続可能なアプローチをとっていることを確かめる。また、夜間にスクーターを充電する作業者への賃金支払いも選定のポイントとなる。

パリ市は今日に至る前にすでにスクータースタートアップに対しアクションをとっている。歩道でのスクーター利用は認められず、スクーター事業者はスクーター1台あたり年間50ユーロを払わなければならない。

にもかかわらず、パリの道路にはスクーター2万台以上が溢れかえっている。だからこそパリ市はさらなるアクションをとり、公園でのスクーター使用を禁止しようとしている。また今後は歩道にスクーターをとめることはできなくなる見込みだ。

ユーザーは自動車用の駐車スペースを見つけ、そこにスクーターを止めなければならない。まったく面倒なことのように聞こえる。これがどのように作用するか定かではないが、確かなことはいまスクーターが多すぎて、パリ市内にはとめるための十分な場所がない。

電動スクーターは欧州では米国ほど速くはないが、パリはさらに最高速度を制限したい考えだ。最高速度は時速25キロではなく時速20キロになる(時速16マイルから時速12マイルへのダウン)。

パリがそうした制限を素早く実行できるか、スクータースタートアップが新ルールを守るか、様子を見てみよう。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)

Source: TechCrunch

米国時間6月3日のWWDCの基調講演では、予想通り多くのものが発表された。そのすべてを見終わってみると、なんだかAppleは、今回取り上げた新機能の間で競争を繰り広げていたようにも感じられた。全部を2時間ちょっとのイベントに詰め込まなければならなかったのだから、それも当然だろう。

多くの人にとって、新しいMac Proが今回の発表のハイライトに見えただろう。ただしAppleとしては、ソフトウェアに焦点を当てていたのは確かだ。Appleは、ハードウェアの売り上げが伸び悩むにつれて、やはり将来はソフトウェア、サービス、そしてコンテンツにかかっているのだと、痛切に感じているはずだ。今回の基調講演では、iOS、macOS、そしてwatchOSが提供することになる新しい機能の中でもベストな部分を、解説付きで観ることができた。

驚くべきことではないが、その中ではiOS 13が最も大きな変更をもたらす。ダークモードは、いわばその中のハイライトだ。この機能のセールスポイントは、macOSなど、他のOSのものと基本的に変わらない。つまり、目に優しく、バッテリーの消費を抑えるというもの。ユーザーの設定によって、常にそのモードを使うか、太陽が沈んでいる間だけ有効にするかを選ぶことができる。

( function() {
var func = function() {
var iframe_form = document.getElementById(‘wpcom-iframe-form-b99166824c62fd4344aa0a07e843ffa1-5cfb774e270d9’);
var iframe = document.getElementById(‘wpcom-iframe-b99166824c62fd4344aa0a07e843ffa1-5cfb774e270d9’);
if ( iframe_form && iframe ) {
iframe_form.submit();
iframe.onload = function() {
iframe.contentWindow.postMessage( {
‘msg_type’: ‘poll_size’,
‘frame_id’: ‘wpcom-iframe-b99166824c62fd4344aa0a07e843ffa1-5cfb774e270d9’
}, window.location.protocol + ‘//wpcomwidgets.com’ );
}
}

// Autosize iframe
var funcSizeResponse = function( e ) {
var origin = document.createElement( ‘a’ );
origin.href = e.origin;

// Verify message origin
if ( ‘wpcomwidgets.com’ !== origin.host )
return;

// Verify message is in a format we expect
if ( ‘object’ !== typeof e.data || undefined === e.data.msg_type )
return;

switch ( e.data.msg_type ) {
case ‘poll_size:response’:
var iframe = document.getElementById( e.data._request.frame_id );

if ( iframe && ” === iframe.width )
iframe.width = ‘100%’;
if ( iframe && ” === iframe.height )
iframe.height = parseInt( e.data.height );

return;
default:
return;
}
}

if ( ‘function’ === typeof window.addEventListener ) {
window.addEventListener( ‘message’, funcSizeResponse, false );
} else if ( ‘function’ === typeof window.attachEvent ) {
window.attachEvent( ‘onmessage’, funcSizeResponse );
}
}
if (document.readyState === ‘complete’) { func.apply(); /* compat for infinite scroll */ }
else if ( document.addEventListener ) { document.addEventListener( ‘readystatechange’, function(){
if (document.readyState === ‘complete’) {
func.apply();
}
}, false ); }
else if ( document.attachEvent ) { document.attachEvent( ‘onreadystatechange’, func ); }
} )();

ダークモードにすると、自動的に暗い壁紙が選ばれる。とりあえずAppleの純正アプリで動作するが、やがてサードパーティ製アプリもサポートする。また、アプリ開発環境も標準的にサポートするはずだ。

Appleマップは、登場した直後には鳴かず飛ばずだったが、大きなアップグレードがずっと加えられてきた。今回の新機能で最も注目に値するのはLook Aroundだ。Googleがずっと前から実現しているストリートビューに対抗するものとなる。デモを見る限り、非常にスムーズに動作する。ただし、実際に路上のセルラーネットワーク環境でどのように動くかはわからない。しかしデモは、間違いなく印象的なものだった。

イメージングに関しては、これまでもiOSにとって重要なアップグレードのポイントとなってきた。それは今回も同じだ。写真アプリの編集機能はかなり進化している。ホワイトバランス、コントラスト、シャープネス、ノイズ除去など、プロっぽいコントロールが可能となった。

簡単に使えるフールプルーフ的な機能も加わっている。たとえば、肌の色に影響を与えずに彩度を調整する機能などだ。また、画質や色調の調整や、全体の回転など、ビデオに対して使える編集ツールも加わった。また写真アプリでは、撮影した写真の1画面の表示数、並べ方をダイナミックに変更できる。たとえば、誕生日に撮影した画像をグループ化して表示すれば、時の経過を嫌でも再認識することになるだろう。

今年の基調講演は、iPadにとって、大きな節目となるものだった。iPad用のOSが、iPhone用のiOSから分離されたからだ。ユーザーにとっては、iPadの大きな画面を活かした機能を利用できるようになることを意味する。たとえば、同じアプリのウィンドウを複数開いて、これまでとはまた違う意味のマルチタスクも可能となる。さらに、ジェスチャーによってテキストを選択したり、コピー&ペーストまでできるようにもなる。こうしてiPadOSは、パソコンの操作感覚に近づいていく。

( function() {
var func = function() {
var iframe_form = document.getElementById(‘wpcom-iframe-form-d9900b4b717b0524e1b17fa0b3311b8b-5cfb774e27283’);
var iframe = document.getElementById(‘wpcom-iframe-d9900b4b717b0524e1b17fa0b3311b8b-5cfb774e27283’);
if ( iframe_form && iframe ) {
iframe_form.submit();
iframe.onload = function() {
iframe.contentWindow.postMessage( {
‘msg_type’: ‘poll_size’,
‘frame_id’: ‘wpcom-iframe-d9900b4b717b0524e1b17fa0b3311b8b-5cfb774e27283’
}, window.location.protocol + ‘//wpcomwidgets.com’ );
}
}

// Autosize iframe
var funcSizeResponse = function( e ) {
var origin = document.createElement( ‘a’ );
origin.href = e.origin;

// Verify message origin
if ( ‘wpcomwidgets.com’ !== origin.host )
return;

// Verify message is in a format we expect
if ( ‘object’ !== typeof e.data || undefined === e.data.msg_type )
return;

switch ( e.data.msg_type ) {
case ‘poll_size:response’:
var iframe = document.getElementById( e.data._request.frame_id );

if ( iframe && ” === iframe.width )
iframe.width = ‘100%’;
if ( iframe && ” === iframe.height )
iframe.height = parseInt( e.data.height );

return;
default:
return;
}
}

if ( ‘function’ === typeof window.addEventListener ) {
window.addEventListener( ‘message’, funcSizeResponse, false );
} else if ( ‘function’ === typeof window.attachEvent ) {
window.attachEvent( ‘onmessage’, funcSizeResponse );
}
}
if (document.readyState === ‘complete’) { func.apply(); /* compat for infinite scroll */ }
else if ( document.addEventListener ) { document.addEventListener( ‘readystatechange’, function(){
if (document.readyState === ‘complete’) {
func.apply();
}
}, false ); }
else if ( document.attachEvent ) { document.attachEvent( ‘onreadystatechange’, func ); }
} )();

しかし、それより何より、最もエキサイティングな新機能は、実はMac側にあった。macOS Catalinaは、DuetやLuna Displayのようなセカンドディスプレイ機能をiPadに付加する。つまり、iPadをMacの外部モニターとして利用できるのだ。この機能は、Bluetoothによる無線接続でも、USBによる有線接続でも使える。

WWDCの会場は、無線通信にとっては過酷な環境のためか、デモは有線接続で行われた。複雑な操作にも対応して完璧に動作したことは言うまでもない。iPad Proなら、Apple Pencilで描くこともできる。また、iPadのディスプレイの下部には、Touch Barのようなメニュートレイも表示される。

watchOSについても、いくつか付け加えておく価値があるだろう。中でも重要なのは、月経周期の記録、予想機能だ。この機能はiOSでも利用できるようになる。これまでとはまた違った意味での健康管理を可能とするもの。

その他、watchOSに追加される機能としては、オーディオブックをApple Watchで直接聴くための純正アプリ、内蔵マイクを使用して、聴覚障害の原因となる可能性のある騒音をユーザーに警告するNoiseアプリなどがある。

原文へ

(翻訳:Fumihiko Shibata)

Source: TechCrunch

NASAの火星用ヘリコプターであるMars Helicopterは、この赤い惑星を探検する未来の人類にとっても重要な実験だ。それはNASAの2020年の火星ミッションに積載され、地球以外の大気における大気よりも重い重量物の飛行試験に向かう。最後の一連のテストに合格した同機は今、2020年7月の火星打ち上げを目指して最後の準備作業に入っている。

この重量4ポンド(約1.8kg)で自動操縦のテスト用ヘリコプターは、火星探査車Mars 2020に乗って火星まで運ばれ、地球からの数か月に及ぶ長旅を経て、予定では2021年2月18日に、探査車が火星のジェゼロ・クレータ(Jezero Crater)に着地した後に展開される。ヘリコプターはカメラを搭載し、電源としてソーラーパネルがある。今回はそのほかのセンサーや科学的機器類はいっさいなく、火星で果たしてドローンを飛ばせるか?という唯一の疑問に答えることだけを目的とする。将来の実験では、地上車である探査車にはできなかったデータを集めるためにセンサーが載ったりするだろう。

これまでMars Helicopterは、打ち上げと着地をシミュレートする激しい振動環境や、火星の表面のような過酷な温度条件、そして電気系統と機械系統の完成度をテストされてきた。現在はソーラーパネルも取り付けられ、ローターの試運転も経て、あとは現実に近い条件での最終的なストレステストが残っているだけだ。

NASAのMars 2020ミッションは最短でも1火星年、地球上の687日間行われ、新設計のコンパクトカーサイズの探査車には、火星の表面よりも下の岩石や土を採取する新しいコアサンプリング(円柱状標本採取)ドリルが搭載される。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

Omnicom_CatherineSullivan-1440-eye

今年のアップフロント(Upfront:アメリカのテレビ広告の先行販売イベント)サイクルにおいて、インベントリ確保のため、過去数年よりもわずかに多くの資金を投じることになりそうだ。オムニコムメディアグループ(Omnicom Media Group)で北米地域の主任投資担当幹部を務めるキャサリン・サリバン氏に訊く。

The post 「米・テレビ広告主は、売れ残り枠より先行販売枠へ」:オムニコムのキャサリン・サリバン氏 appeared first on DIGIDAY[日本版].

Source: DIGI DAY WEB marketing

ロンドンのとある壁に、設置されている監視カメラに「何を見ているのだ?」(What are you looking at?)と問いかける文字。ゲリラのストリートアーティストとして活躍している「バンクシー」によって描かれた極めてシンプルな作品である。

防犯カメラと呼ぶべきなのか、監視カメラと呼ぶべきなのか。いずれにしろ、ロンドンにはその数が非常に多い。人口割にすれば、14人に対して1台のカメラが設置されている。何のためにそんなに映像を撮っているのか?その集められる映像、データは政府や企業によってどのように使われているのか?

人のプライバシー、場合によって法律まで無視し、多くの国の政府はその市民に関する莫大な情報量を集めて利用していることが、複数の内部告発者によって明らかにされている。権力者が技術の進歩を最大限に利用するビッグデータの時代をどのように生きていけばいいのだろうか。

 

リークを公開する組織についてもっと知る→「ウィキリークスとジャーナリズム

権力に抵抗する人についてもっと知る→「『正義の味方』:社員が立ち上がるとき

他のバンクシーの作品を見る→バクシー・シリーズ

 

(写真:rp72 / Flickr [CC BY 2.0])

Source: Global News View

世界の都市問題を解決するスタートアップを育てることを目的とするアクセラレーターUrban-Xが、その第6次の育成グループとして7社を選んだ。

BMWのMini事業部の設計部門とVCのUrban.USをパートナーとして、7社は各15万ドルの資金を受け取り、Urban-Xの20週間の育成事業に参加する。その途上でBMWの技術者やデザイナー、ソフトウェアデベロッパー、ポリシーや営業の専門家、そしてマーケティングの指導者たちとの接触がある。

今回選ばれたスタートアップは、以下のとおり:

  • 3AM Innovations:緊急時におけるファーストレスポンダー(初動救援要員)のための捜索ツールを提供する
  • Cove.Tool:ビルの設計の初期段階においてパフォーマンスのモデリングを自動化するツールキットを提供する
  • Evolve Energy:リアルタイムの料金計算やコネクテッドホームデバイス、再生可能エネルギーなどを利用して家庭のエネルギー費用を節減する
  • Food For All:レストランの今後廃棄されそうな食材を回収して一食4ドルの食事を作る
  • OurHub:公共のスペースを利用するアウトドアレクリエーションによるアウトドアエクササイズのネットワーク
  • Pi Variables:交通整理のソフトウェアサービス
  • Varuna:水質監視サービス

Miniは3年前に、そのイノベーションとブランド戦略の一環としてUrban-Xを立ち上げた。支援対象となるスタートアップは主に、モビリティや効率的なエネルギー利用、都市のインフラストラクチャ、住宅、食料廃棄などに関連したサービスだ。

これまでに同アクセラレーターを卒業したスタートアップは44社、その85%がその後新たな資金調達を行っている。

Urban-XのマネージングディレクターMicah Kotch氏は「都市と新興のテクノロジー企業は最大の都市問題を解決して行く上での強力なパートナーだ。今回の第6次育成グループについても、彼らのソリューションを、都市生活にインパクトを与えているさまざまな産業に向けてスケールしていきたい」とコメントした。

画像クレジット: Walter Bibikow

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa

Source: TechCrunch

リップシンク(口パク)は、TikTokInstagramに代わって、ティーンズカルチャーの中心に急浮上させた。そこでFacebookの所有するInstagramは、新しい機能で反撃に出た。Musicスタンプ機能を使って追加したビデオStoryのサウンドトラックに、歌詞(Lyric)を同期表示させることができるようになるのだ。歌詞が表示されることで、クリエイターとファンたちが一緒に歌うことができるようになる。そして視覚的なきらめきは、アマチュアMTVコンテンツを、より見栄えのするものにしてくれるだろう。

Instagramが、歌詞付きStoryのデモビデオとして、「怖いポップ現象」として人気を誇るBillie Eilishをフィーチャーしたところ、絶大な支持を得た。このビデオはInstagram Musicが提供されているすべての国(米国、ドイツ、そしてフランスなど。ただし現在日本ではまだ提供されていない)で視聴可能になっている。

この機能を利用するには、撮影する前にMusicレンズタイプ(オプションとしてはBoomerangなど)を選ぶか、撮影後にMusicスタンプを選択する。曲を選ぶと、音楽の再生したい部分を特定するのに役立つ歌詞が、ポップアップ表示される。その後は、伝統的なカラオケ歌詞表示、歌が進むにつれて表示されて行くタイプライター型、そして大きくピカピカしたビルボードフォントなどの中から、スタイルを選択することができる。

「MusicはInstagram上での表現で大きな部分を占めることが可能です。Storyに音楽を加えることと、アーティストとつながること、歌の録音を送り合うことなど、Instagramの上で音楽とつながる手段は沢山あるのです」とInstagramの広報担当者は私に語った。「現在私たちは、音楽機能を開発しながら、ユーザーがストーリーに歌を追加したときに歌詞も追加できる機能も追加しているところです」。Instagramが提供してきたほとんどすべてのものと同様に、この機能はまず、TechCrunchにしばしばタレコミを行うリバースエンジニアリングマスターのジェーン・マンチュン・ウォン(Jane Manchun Wong)氏によってAndroidのコードから掘り出されて、世界へ知らされることになった。彼女が最初にLyrics気が付いたのは3月だった。それを受けて私たちは4月にプロトタイプについて言及した記事を書いている。

だがTikTokもただ待っているわけではない。本日TikTokは、ビデオにオーバーレイされたキャプションを加える、独自のテキスト機能を開始した。通常、クリエイターたちがテキストを加えるためには、Snapcat、Instagram Stories、またはデスクトップ編集ソフトウェアを使用する必要があった。クリエイターたちが、TikTok上のテキスト表示のための、爆笑もののユースケースをたくさん見つけてくれるのは確実だ。そしてそれは、これまでキャプションを紙の上に書いて、クリップの中で見せるという、よくあるやり方を置き換える手助けになるだろう。

こうした機能のすべてが、ソーシャルビデオの鮮度を保つためのものである。The Atlantic上でTaylor Lorenzがきっちりと示したように、手入れの行き届いた、骨の折れるポーズをとるInstagramの美学は終わりを告げたのだ。ファンは完璧さにうんざりしていて、それは嫉妬を生み出し、偽物や不正なもののように感じさせている。コメディ、不条理、そして現実世界の生々しさが、ソーシャルメディアの新しい「外観」になりつつある。歌詞とテキストをオーバーレイするためのツールは、より複雑なジョークを表現したり、単に馬鹿げた振る舞いをする自由をクリエイターたちに与える。Billie Eilish自身のおどろおどろしくシックなファッションと、彼女自身の不安を表現しようする意欲に対する人気の高さは、このシフトを示す例だ。なので彼女をビジュアルコミュニケーションの次の波を表す顔として使ったInstagramはスマートなのだ。

【Japan編集部追記]現在日本ではInstagram Musicそのものがまだ提供されていないため、歌詞表示機能も提供されていない。

[原文へ]

(翻訳:sako)

Source: TechCrunch

PayPayは6月7日、マツモトキヨシやドラッグぱぱすなど、マツキヨグループのドラッグストア約1600店舗でのPayPay決済に対応した。また、関西拠点のキリン堂グループの約320店舗も同様にPayPay対応となった。

両グループとも、店舗側が提示したQRコードをユーザーがPayPayアプリのQRコードリーダー機能で読み取って決済する「ユーザースキャン」方式となる。ユーザースキャン方式は、POSレジ直結のバーコードリーダーでユーザーが提示したバーコード読み込む「ストアストア」方式とは異なり、レジにソフトウェア的な改良を加えることなく導入できるというメリットがある。

一方でユーザースキャンは、決済金額をユーザーに入力させる必要があるうえ、レジによってはPOSレジと売上情報をリアルタイムで連動させられないというデメリットもある。おそらく両グループとも、PayPayのキャンペーンに合わせた急ごしらえの対応で、今後は段階的にストアスキャン方式に移行すると考えられる。

さて、これで大手ドラッグストアでPayPayが使えないのは、福岡拠点のコスモス薬品グループのコスモスドラッグ、横浜が拠点のクリエイトSDホールディングスのクリエイトSD、栃木県小山市が拠点のカワチ薬品などを残すのみとなる。ちなみにコスモスドラッグは、すでにWeChat Payやアリペイでのコード決済が可能なので、条件や時期が合えば対応する可能性はある。

なおPayPayが6月30日まで実施中の「ワクワクPayPay」の第1弾キャンペーンのルールは、金融機関の口座からチャージしたPayPay残高、もしくはYahoo!カードを使って対象のドラッグストアで決済しただけでは10%還元となるので注意。これに加えて、ソフトバンク回線、ワイモバイル回線のどちらかと契約しているスマホでPayPay決済した場合や、PayPayのアカウントに紐付けているYahoo IDがYahoo!プレミアム会員の場合は、金融機関の口座からチャージしたPayPay残高での決済なら20%還元、Yahoo!カード経由の決済なら19%還元となる。

対象のドラッグストアは以下の店舗と前述のキリン堂グループのキリン堂とサーバ、マツキヨグループのドラッグぱぱすとなる。

Source: TechCrunch

ツールバーへスキップ