Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/matomecuhk/jibunkeiei-glabal.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

2019年5月19日

イスラエルのAIチップメーカーが最新ディープラーニングチップを発表

  • 2019.05.19
  • IT

Hailoは、テルアビブに本拠を置くAIチップメーカーだ。米国時間の5月14日、同社初のディープラーニングプロセッサとなるHailo-8チップのサンプル出荷を開始すると発表した。このチップは、1秒あたり最大26テラオペレーション(TOPS)が保証されている。現在、何社かの選抜された顧客とともにテスト中で、その多くは自動車業界だ。 Hailoは、昨年になって表舞台に登場した会社で、シリーズAラウンド […]

「主導権を握るのは我々だ」:アドテクを直接管理する、米チョコレートメーカーの思惑

米チョコレートメーカー最大手ハーシーズ(Hershey’s)は、プログラマティック予算を単一のデマンドサイドプラットフォーム(DSP)で費やす方針に切り替え、今年初頭、米DSPプラットフォーム企業のザ・トレード・デスク(The Trade Desk)と組むことを決めた。 The post 「主導権を握るのは我々だ」:アドテクを直接管理する、米チョコレートメーカーの思惑 appeared first […]

マイクロソフトは2022年までに1万5000名の労働者にAIのスキルと資格証明を賦与

  • 2019.05.19
  • IT

Microsoft(マイクロソフト)は米国時間5月17日朝、同社が教育プロバイダーのGeneral Assemblyと提携して、一定範囲のAI関連スキルの資格証明と教育訓練に投資すると発表した。目標は2022年までに1万5000名を教育訓練して、世界中で多くのAI人材を確保することだ。教育訓練のフォーカスはAIと機械学習、データサイエンス、データエンジニアリングなどに置かれる。 この新事業の初年度 […]

Spotifyが車載ハードウェア「Car Thing」をテストへ

  • 2019.05.19
  • IT

Spotifyは独自プレーヤー「Mighty」と緩やかに連携するなど、さらなる多様化の道を進もうとしている。そして今度は、独自のハードウェアを作ろうとしている。 上のデバイス「Car Thing」は、一般消費者向けのデバイスではない。Spofityはこれにより、サービス購読者の車内での音楽の聞き方を調査するのだ。音声コントロールが可能なCar Thingは、米国の招待されたSpotify Prem […]

Amazonがフード配達サービスDeliverooの633億円調達を主導

  • 2019.05.19
  • IT

米国のeコマース最大手Amazonは、Deliverooの5億7500万ドルの資金調達を主導し、欧州のフード配達マーケットに関わりを持とうとしている。 昨日最初にSkyが報じたこのシリーズGは、Deliverooからの早朝の発表文で正式に確認された。発表では、既存投資家のT. Rowe Price、Fidelity Management、Research Company、そしてGreenoaksも […]

3. エンゲージメントこそがアプリの成功の決め手になる理由

ASO や ユーザー 獲得 キャンペーン に成功すると、多数の ユーザー が アプリ をダウンロードし、インストールしてくれるようになります。そこで、次はそうした ユーザー に繰り返し使ってもらう方法を見つける必要があります。これを「 ユーザー エンゲージメント 」と呼びます。 ユーザー エンゲージメント とは、とても簡単に言うと、 アプリ をダウンロードした人のうち、どれくらいのひとが実際に ア […]

4. ユーザーエンゲージメントを測る指標 測定に用いられる一般的な指標と注意すべきポイント

前回の記事で、 アプリ の エンゲージメント が ユーザー 獲得と同じかそれ以上に重要であることを解説しました。では、具体的にどのような指標を見て ユーザー エンゲージメント を測定していけばよいのでしょうか。 忘れてはならないのは、最も重視すべき指標はビジネスゴールによって異なるということです。そのため、最初に行うべきは、 アプリ の重要イベントを見極めることです。重要イベントとは、 ユーザー […]

5. アプリの健康状態を示す指標「リテンション」と低リテンション率への対策法

前回の記事では、 ユーザー エンゲージメント を測定する指標としてアクティブ ユーザー 数や セッション 時間についても説明をしました。 今回の記事では、 ユーザー の エンゲージメント を測る上でのもう一つの重要指標である「 リテンション 」について詳しく見ていきましょう。 つづきはこちらからご覧ください。 Source: ferret web marketing

7. 各チャネルの特徴を活かしつつ、一貫したメッセージでエンゲージメントを改善する方法

前回の記事では、 アプリ 自体を最適化することによる エンゲージメント 強化の方法を見てきました。今回の記事では、 ユーザー へのコミュニケーションを通じた エンゲージメント のポイントについて説明します。 つづきはこちらからご覧ください。 Source: ferret web marketing

6. アプリ内でのユーザー体験を最適化するために考慮すべきポイント

新規 ユーザー の多くは、ダウンロードした アプリ を継続利用せずに放置します。ただし、このような事態を防ぎ、 アプリ を継続的に利用してもらうための施策は複数あります。 施策を大きく2つに分けるとすると、1つ目は新機能を追加したり、 ユーザー に アプリ の使い方を案内するプロセスを見直したりといった アプリ 内部の最適化です。2つ目は、メール、 ソーシャルメディア 、プッシュ通知など、 アプリ […]

ツールバーへスキップ