Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/matomecuhk/jibunkeiei-glabal.tokyo/public_html/wp-content/plugins/wordpress-ping-optimizer/cbnet-ping-optimizer.php on line 533

坊主だった野球少年から美容師へ!<br>髪を通じて美をプロデュースする仕事を。

美容室としてキャリアを積み、29歳で独立してお店を開いた和田さん。プロ野球選手の夢を挫折し、次に目指した美容師の世界。独立を目指して進む中、仕事で感じた苦しみと楽しさとは?お話を伺いました。

自分みたいな人がプロ野球選手になると思っていた

私は岐阜県で男三兄弟の次男として生まれました。小さな頃から兄弟で運動をすることが多く、小学生の時に野球を始めました。ポジションはピッチャー。足が速く、投げれば三振、打てばホームラン。正直、自分のような人間がプロ野球選手になるのだと、信じて疑いませんでしたね。(笑)

中学生の後半になると、少しずつ周りも身体が大きくなり、足が早かったり肩が強い人が出てきました。それでも、私はプロ野球選手を目指し、野球の名門校に行きたいと考えていました。

ところが、志望校からは野球推薦をもらえませんでした。県大会に出場したりとそれなりに活躍していたのですが、推薦をもらえるほどではなかったんです。そこで、勉強で推薦してもらおうと考え、猛勉強することにしました。生徒会長などもして内申点を上げ、無事志望校に進むことができました。

そして寮に入り、甲子園を目指して野球漬けの生活が始まりました。朝練をして、授業で寝て休憩し、また夜練習をする生活。しかし、100人ほど部員がいる中、主練習に出られるのは25人ほどでした。そのため、最初は全く相手にされず、その練習には出られませんでした。

それでも諦めずに必死に練習をしていき、2年生で主練習に参加できるようになり、3年生では18人のベンチメンバーにも入れました。ただ、それでもレギュラーにはなれませんでした。同期のキャプテンはプロ野球選手になりましたが、自分との実力差は歴然で、プロ野球選手の夢は諦めることにしたんです。

そして、3年生の夏に部活を引退した後は、美容師を目指すことにしました。中学生時代にカリスマ美容師ブームがあり、テレビドラマでキムタクが美容師をしていたりと、単純にカッコいいと思っていたんです。また、部活を引退したので坊主は止め、美容室に行くのが楽しかったんです。少ししか伸びてない髪でパーマをかけたりしましたね。(笑)

そして、高校卒業後は名古屋の美容専門学校に進むことにしました。

続きを読む
Source: Another life

ツールバーへスキップ